『花男』女優ク・ヘソンが明かした恋愛観「恋愛するときは感情のコントロールがうまくできない」

2020年12月28日 話題 #ク・ヘソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ク・ヘソンが過去の恋愛から生まれた自分だけの恋愛哲学を率直に告白する。

【写真】ク・へソンの「8年前の写真」が可愛すぎると話題

カカオMの『フェイスID』(原題)は、スターのスマートフォンを通じて彼らのライフスタイルを公開する新鮮なフォーマットで話題を生んでいる新しいリアリティ放送だ。これまでイ・ヒョリ、MONSTA X、シン・イェウンなど人気スターがスマートフォン画面を通じて飾らないリアルな日常を披露し、話題を呼んできた。

『フェイスID』の4人目として出演するク・ヘソンは、去る12月21日のティーザー映像で、使用していたスマートフォンをハンマーで壊してしまうなど、これまでの出演者たちとは違ったキャラクターを予告している。彼女がどんな姿を見せるのか期待が集まっている。

ク・へソンの恋愛観は?

12月28日12時にカカオTVで公開される『フェイスID』でク・ヘソンは、自分の仕事部屋で本格的なスマートフォンの撮影を開始し、率直な魅力を見せる予定だ。

(画像=カカオM)学生時代の写真を自画自賛するク・へソン

特に彼女は恋愛と愛に対する自分の話を伝え、「日頃は感情の起伏がないのだが、恋愛するときは感情のコントロールがうまくできない。だから恋愛はとても危険だ」と告白して目を引く。

20歳で出会った初恋を反芻したク・ヘソンは「乙の立場で恋愛した」とし、初恋後は“楽しもう”という気持ちで多くの人に会ったと明かした。彼女の恋愛観が変わったきっかけが何なのか、好奇心を刺激する。

さらに、「自分が好きな人」と「自分を好きな人」のうち、どんな人と恋愛してきたかなど、自分の恋愛観と哲学を率直に明かし、現場の制作陣も彼女の話にすっかり聞き入ったという。

またク・ヘソンは、スマートフォンに込められた彼女の幼年期と、“オルチャン”として有名だった学生時代の写真はもちろん、かわいい甥の姿、幼い頃に父親と一緒に撮った写真なども大放出する予定だ。すっぴんの制服姿であまりに愛らしい自分の高校時代の写真については、「冗談じゃないくらい、可愛いでしょ?」と自画自賛し、現場を笑わせたという裏話もあった。

『フェイスID』は一般的な横画面でなく、モバイルユーザーのための「縦型」のコンテンツとして制作され、風変わりな構成とフォーマットで話題になっている。12月28日から4週間、ク・ヘソンの個性あふれるスマートフォンライフを披露する。

◇ク・ヘソン プロフィール

1984年11月9日生まれ。2002年のCM出演を機に芸能界デビュー。その後本格的に女優としての活動をはじめ、数々の作品を通じて愛くるしい魅力を披露した。特に、2009年に放送された『花より男子~Boys Over Flowers』(KBS)は日本でも大きな反響を呼んだ。その一方で、映画監督や画家、シンガーソングライターとしても活動。才能の尽きない女優として多方面に活躍している。書籍の執筆も手掛けており、昨年は韓国で自身の恋愛経験を基にした『涙はハートの形』(原題)を出版した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集