BIGBANGのT.O.P、イ・ビョンホンとの“特別な交流”を明らかに! 「羨ましすぎる」【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

BIGBANGのT.O.P(本名チェ・スンヒョン)が、俳優イ・ビョンホンからのプレゼントを公開して話題だ。

【写真】G-DRAGONとT.O.Pのバースデーツーショット

T.O.Pは12月7日、自身のインスタグラムに「Soproud of Umymentor(誇らしい私のメンター)」と綴り、1本の映像を掲載した。

当該の映像は、イ・ビョンホンの俳優としての軌跡が綴られた300ページにわたる書籍『俳優イ・ビョンホン』(原題)を映したもの。表紙にはイ・ビョンホンのサイン、見開きページには「弟チェ・スンヒョンへ」という直筆メッセージが書かれている。

2009年に、テレビドラマ『IRIS-アイリス-』で共演したイ・ビョンホンとT.O.P。過去には食事を共にする写真がSNSで公開されたほか、T.O.Pの軍入隊を控えてイ・ビョンホンがワインをプレゼントするなど、仲睦まじい先輩後輩の間柄であることが知られている。

『俳優イ・ビョンホン』は、韓国初の“俳優学”を標榜した、「ペク・ウナ俳優研究所」によるアクトロジーシリーズの第1弾。今年でデビュー30周年を迎えたイ・ビョンホンの膨大な資料や本人のインタビュー、同僚俳優と側近たちのインタビューまで収録されている。

(写真=T.O.PのInstagram)

一方、T.O.Pの所属するBIGBANGは今年の3月にYGエンターテインメントとの再契約を終えた。4月にアメリカ最大の音楽フェスティバル「コーチェラバレー・ミュージック&アーツ・フェスティバル」(Coachella Valley Music&Arts Festival)でカムバックを予定していたが、新型コロナウイルスの影響でこれが中止となった。

◇イ・ビョンホン プロフィール

1970年7月12日生まれ。漢陽(ハニャン)大学校在学中にアルバイトを通じて「コカ・コーラ」をはじめとした多数のCMに出演。母親の友人が韓国の地上波KBS主催の公開採用オーディションの願書を手に俳優の道を勧め、1990年にKBS公開採用14期生に合格した。翌年にはトップの成績で研修を終え、すぐにテレビドラマ『アスファルト、我が故郷』でデビューした。2000年に公開された主演映画『JSA』は韓国でメガヒットし、社会現象に。2004年にドラマ『美しき日々』が日本で放送された際には、クールさと強引さを兼ねそなえた男らしいキャラクターで視聴者の心を掴んだ。2019年には主演映画『白頭山』を通じて北朝鮮の工作員を熱演し、大きな反響を得た。

◇T.O.P プロフィール

1987年生まれ、本名チェ・スンヒョン。2006年にBIGBANGのメンバーとしてデビューした。最年長メンバーであり、グループ内ではリードラッパーを務める。2017年に義務警察として兵役をスタートさせたが、服務中に過去の大麻使用事実が明らかになり、社会服務要員に転換した。2019年7月の除隊当時は秘密裏にファンミーティングを開催し、その場に駆け付けたファン一人ひとりと握手を交わすなど、ファンに対する並みならぬ愛情を見せた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集