最終回まであと1話!『青春の記録』パク・ボゴムの嗚咽と「別れられない」の行方は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国ドラマ『青春の記録』でのパク・ボゴムの嗚咽が、視聴者の涙を誘った。

10月26日に放送された第15話の視聴率は、首都圏平均9.1%・最高10.7%、全国平均7.6%・最高8.8%(ニールセンコリア調べ)を記録し、地上波を含む全チャンネルで同時間帯1位になった。

【関連】パク・ボゴムが入隊後、初の公式イベントに登場

tvNのターゲット層である20歳から49歳までの視聴率は首都圏平均4.7%、最高5.7%、全国平均3.9%、最高4.5%で全チャンネルで同時間帯1位をキープした。

この日の放送では、主人公サ・ヘジュン(演者パク・ボゴム)と、アン・ジョンハ(演者パク・ソダム)のつらい別れが描かれた。

「覚えてる?“絶対に謝ったりしない”と私に言ったよね」と、別れを告げるアン・ジョンハに対し、寂しさと無力感を感じるサ・ヘジュン。

「謝らない」という約束を守れなかった自分を責めながら声を殺して泣いた彼は、そのあとにアン・ジョンハの所を訪れ、「別れられない」と伝える。何か決心したようなサ・ヘジュン姿は、はたしてどんな結末を結ぶか注目を集めた。

『青春の記録』最終回は、韓国tvNにて10月27日よる9時から放送。Netflixでも同時配信される。

(写真=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集