パク・ボゴム主演『青春の記録』、主人公を支える心温かいキャラにも“共感と応援”

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、高視聴率を連発し、好評を博しているtvNドラマ『青春の記録』。試練に直面しても揺れない主人公サ・ヘジュン(演者パク・ボゴム)の信念はもちろん、主人公を支える周りのキャラクターたちにも、共感と応援の声が集まっている。

【関連】Girl's Dayヘリ、『青春の記録』特別出演でパク・ボゴムと4年ぶりの再会

サ・ヘジュンを“スーパースター”ではなく、普通の若者にいさせるのは、やはり家族だ。彼にとって家族は、自らの力で夢を叶えるために黙々と前に進んでいく中、気持ちををぶつけられる唯一の存在だった。

視聴者が彼の奮闘に応援を寄せ、スターになった彼の成功に心から喜べたのも、そのためだろう。

俳優になる前、顔を合わせるたびに厄介者扱いする父との葛藤は、サ・ヘジュンに現実を突きつけた。

(写真=tvNドラマ『青春の記録』公式HP)

それでも、温かい応援を寄せる母と祖父の存在は、彼を立ち上がらせ、少しずつ前に進ませた。

(写真=tvNドラマ『青春の記録』公式HP)

韓国のどこかに存在しそうなサ・ヘジュン家族の風景は、そのリアルさも手伝って、視聴者をドラマへより没入させた。

一度俳優の夢を諦めたサ・ヘジュンに、新しい翼を与えたのはマネージャーのイ・ミンジェ(演者シン・ドンミ)だった。

彼女は入隊を決心した彼を、「残りの1秒まで使い果たしてからギブアップしなさい」と刺激し、成長へ導く。

サ・ヘジュンの才能を見て誰かの夢を手伝うという価値のある仕事に目覚めた彼女は、自らもマネージャーという職業に挑戦、サ・ヘジュンと抜群のコンビネーションを発揮している。

(写真=tvNドラマ『青春の記録』公式HP)

タレントの才能を搾取して利益だけを得るのではなく、お互いの成功を応援しながら共に成長する2人の関係は、ドラマの中でも特別感を放つ。「本当の俳優になりたい」とイ・ミンジェに打ち明けたサ・ヘジュンの信念も、視聴者の胸を打った。

パク・ボゴムが等身大の青春を演じる『青春の記録』は、韓国tvNにて毎週月・火曜よる9時から放送。Netflixでも同時配信される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集