コン・ユと共演した女優ユン・ウネ、自宅をテレビ初公開。片付いた家を見て泣いた理由は?

2020年08月11日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『コーヒープリンス1号店』で知られる女優ユン・ウネ(35)が、久々にテレビ番組に出演した。

彼女は8月10日に放送された“お片付け”バラエティ番組『シンバク(斬新という意味)な整理』(tvN)にゲスト出演。もともと一人暮らしだったが、5カ月前からマネージャー&友人と共同生活をしているという自宅を公開した。

【写真】コン・ユがリラックスムード全開

リビングはまるで撮影スタジオのようにキレイだったが、各部屋にはモノがぎっしり詰まっている様子。特に「成功したと思った頃、自分への唯一のご褒美だった」という靴が数えきれないほど出てきてMCらを驚かせた。

また、家のあちこちにある美術作品や美術関連書籍について聞かれれると、「中3の頃に路上でスカウトされたが、家計が苦しかったため美術勉強をするか、芸能人になるか1つ選ぶように母に言われた。一晩中悩んで芸能人を選んだ。美術はまたできそうだったから」と語る。

2007年のドラマ『コーヒープリンス1号店』で絵の実力を披露している彼女は、芸能人になってからも美術への渇望を抱き続け、絵を描いたり、関連書籍を集めたりしていたと明かした。

家を整理・整頓するという番組にコンセプトに合わせて、ユン・ウネとMCらは要らないモノを処分していった。

プロの手を借りてより快適に変わったインテリアを見ては感激した様子で「すごく気に入った」「泣きそう」と連発。以前は足の踏み場もなかった倉庫部屋がキレイに片付いた様子に「ここで絵もかけそうだ」と涙を見せた。

(写真=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集