少女時代ユリ&スヨンが思い出話に涙…日本ツアー時に元気づけられた“ある料理”とは?

2020年07月01日 話題 #写真 #少女時代
このエントリーをはてなブックマークに追加

少女時代のユリとスヨンが、デビュー当時の思い出を振り返り涙した。

【写真】ブレイク秘話から熱愛まで! 少女時代の歴史を振り返る

ユリは最近、自身のユーチューブチャンネル「ユリハンTV」を通じて独自の料理コンテンツ『ユリハン食卓』を始動。当該のコンテンツは、ユリが週ごとに異なるゲストの事情やレシピを聞いて、それを基に料理を披露するというもの。

最新回の収録では、ユリと同じく少女時代のメンバーとして活躍したスヨンがゲストに登場し、2人の温かい思い出話に注目が集まった。

はじめに「私たちと一緒に食べた、思い出の“うなぎ丼”を作ってください」という手紙を読み上げたユリは、真っ先に少女時代のメンバーを思い浮かべ、スヨンはユリの期待に応えるようにスタジオに登場した。

その後、生まれて初めてのうなぎ丼作りを成功させた2人は、小さなテーブルを囲んで微笑ましい食事風景を見せた。スヨンは出来上がった料理を食べながら、「お店で売っているのと同じ」「これで家でも作って食べられる」と喜んだ。

ユリはそんなスヨンに、「なぜうなぎ丼をリクエストしたのか」と尋ねる。スヨンは「日本コンサートツアーのとき、疲れていたメンバーがうなぎ丼でパワーを補充していた」と、日本ツアー当時を振り返った。

このうなぎ丼は、ユリにとっても特別なメニューであった。

ユリは日本活動当時、一瞬の食事も困難なほど多忙な現場で急いでうなぎ丼を口にし、ステージで胃もたれに耐えながら踊っていたという。

その後、2人はひたむきに活動していた新人時代を思い出しながら、当時は新人にとって登竜門であったバラエティ番組『スターゴールデンベル』に出演し、最も端の席でゲームに熱中したエピソードを共有した。

思いでのゲームをまねて笑い合ったのも束の間、スヨンは突然涙を見せた。

慌てて「まさか泣いてるの?」と尋ねるユリに、スヨンは「なんであんなに必至にやったんだろう、今思うと本当に面白い」と新人時代について語り、見る者を感動させた。

スヨンは今回のメニューに『また巡り逢えたうなぎ丼』と命名。少女時代の活動第一歩となるデビュー曲『また巡り逢えた世界』を連想させるよう、心を込めて名付けた。


今回スヨンがゲスト出演した『ユリハン食卓』は、7月1日と3日の午後6時、2回にわけてユーチューブチャンネル「ユリハンTV」で放送される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集