元KARAの知英(ジヨン)、韓国でも“女優”としての実力を立証!「さらに良い姿で」

2020年07月01日 テレビ #KARA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ『夜食男女』に出演したKARA出身の知英(ジヨン)が、韓国でも女優としての実力を立証した。

【写真】知英の「ガチ恋しそう」な“清純ジャージ姿”

6月30日に最終回を迎えたドラマ『夜食男女』で主役を演じた知英は、安定した演技力を披露して演技者としての存在感を表わした。

『夜食男女』は、知英が韓国で初めて演技活動する作品であり、初の主演作で、キャスティング段階から期待を集めたが、一部では演技力を不安視する声もあった。

しかし知英は劇中、どんな試練にも屈せず、だるまのように立ち上がるキム・アジンに扮して、涙の演技などで共感を得た。

「さらに良い姿で視聴者と会いたい」

ドラマ序盤には夜食シェフのパク・ジンソン(演者チョン・イル)、天才デザイナーのカン・テワン(演者イ・ハクチュ)との三角関係を広げ、今まで見せたことがなかった表情も見せた。

(写真提供=SMC)知英

また、パク・ジンソンがゲイであることを知りながらも、想いが深まっていくことを隠せないキム・アジンの片思いを繊細に表現し、ドラマに没入感を加えた。パク・ジンソンの事情によって、近づきそうで近づけない2人だったが、ドラマの話数を重ねるごとに深まっていくロマンスを描き、視聴者にときめきをプレゼントした。

知英は、仕事も恋愛も情熱のままに突進する素直なキム・アジンのキャラクターを可愛いビジュアルと軽快なエネルギーで表現し、魅力的な役柄に仕上げた。

韓国復帰作『夜食男女』を通じて、これまで培ってきた演技力を十分に発揮した知英。「さらに良い姿で視聴者の方々と再び会いたい」という抱負を伝えた彼女に、今後も女優としての活躍を期待したい。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集