俳優チュ・ジフンが超高級マンションに入居。G-DRAGONと“ご近所さん”に

2020年06月30日 話題 #チュ・ジフン
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優チュ・ジフンが、ソウル・漢南洞(ハンナムドン)にある最高級マンション「NINE ONE HANNAM」に入居したという。

【画像】チュ・ジフン、マスク姿で強調された小顔

韓国紙『SPOTV NEWS』は6月30日、BIGBANGのG-DRAGONが住むマンションとして話題を集めた「NINE ONE HANNAM」に最近、チュ・ジフンも入居したと報じた。

ロッテ建設が施工を担当し、2019年11月から入居が始まったこのマンションは、ソウルの中心部にありながら前方に漢江(ハンガン)、後方に南山(ナムサン)がある「背山臨水」(つまり山を背にして水を臨む)の地形。

分譲価格は3.3㎡当たり平均6100万ウォン(約545万円)で、75坪(207㎡)、89坪(244㎡)、ペントハウス、スーパーペントハウスといった大型マンション物件だ。75坪が45億7500万ウォン(約4億1000万円)、89坪が54億3000万ウォン(約4億8700万円)ほどと知られている。

G-DRAGONが入居したスーパーペントハウスは、90億ウォン(約8億800万円)相当だ。

マンションの敷地内には広々とした緑地空間と共にランドスケープデザイナーの佐々木葉二がデザインした1km相当の散策路もある。

また、ジムをはじめゴルフ練習場、プール、GXルーム、ブックカフェ、パーティールームなどの施設も用意されており、ペントハウスはプライベート・プール付きだ。プライバシー保護に最適な作りのため、有名人や富裕層の入居が続いているという。

チュ・ジフンは新作映画『サイレンス』(原題)、ドラマ『智異山』(原題)への出演を予定している。

チュ・ジフン

◇チュ・ジフン プロフィール

1982年5月16日生まれ。本名チュ・ヨンフン。ファッションモデルとして活躍し、数々のコレクションに出演。2006年にドラマ『宮~ラブ・イン・パレス』で皇太子イ・シン役に抜擢され、俳優としてブレイクした。その後もドラマ『魔王』(2007年)や映画『キッチン』(2009年)、『結婚前夜』(2013年)、『神と共に』シリーズ(2017~2018年)など数々のヒット作に出演。2018年に公開された映画『暗数殺人』では連続殺人犯の役を熱演して大きな反響を得た。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集