キム・スヒョンが5年ぶりに復帰!新ドラマ『サイコだけど大丈夫』制作発表会レポ

2020年06月10日 テレビ #韓国ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

“興行キング”キム・スヒョンが5年ぶりにドラマ復帰する。

tvN新ドラマ『サイコだけど大丈夫』は、人生の重みから愛を拒否するようになった精神病棟の精神保健福祉士ムン・ガンテ(演者キム・スヒョン)と、愛を知らない童話作家コ・ムニョン(演者ソ・イェジ)がお互いの傷を癒やし合うラブコメドラマ。

【画像】『サイコだけど大丈夫』の切ないキービジュアル解禁

ドラマ『ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~』を手掛けたチョ・ヨン脚本家と、『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!』『ボーイフレンド』を演出したパク・シヌ監督がタッグを組んだ作品だ。

6月10日、『サイコだけど大丈夫』のオンライン制作発表会が行われ、キム・スヒョン、ソ・イェジ、オ・ジョンセ、パク・ギュヨン、パク・シヌ監督が出席した。

『サイコだけど大丈夫』に秘めている「大人の童話」コンセプトについてパク・シヌ監督は「普通なら常識と非常識の境界を扱うが、あまりそこにフォーカスを合わせず、タイトルをそのまま受け入れて見てほしい。世界中の人々が少しは狂っていると思うが、それが問題なのかどうか自らを振り返るきっかけになるドラマになるはずだ」と期待感を示した。

ドラマの主演を務めるキム・スヒョンは、劇中夢も希望もなく、自閉症スペクトラム(ASD)の兄のために献身的に生きている精神病棟の精神保健福祉士ムン・ガンテを務める。

(写真=tvN)キム・スヒョン

『サイコだけど大丈夫』の最大の見どころは5年ぶりにキム・スヒョンが復帰するという点だ。

キム・スヒョンは昨年の7月の軍除隊後『ホテルデルーナ ~月明かりの恋人~』と『愛の不時着』の2本のドラマにカメオ出演し、本格的な活動への期待感を高めた。

MBCドラマ『太陽を抱く月』、SBSドラマ『星から来たあなた』など、出演作ごとに優れた興行成績を収めてきたキム・スヒョンがその真価を再び証明できるか関心が集まっている。

KBSドラマ『プロデューサー』以来、5年ぶりのお茶の間復帰について、キム・スヒョンは「私も待ち遠しかった。だから緊張も期待もしている」と心境を明かした。

「軍入隊が遅かったが、むしろ休息と余裕ができ、体力も良くなった。ずいぶん緊張するようになった。マイクを握るのも何だかぎこちない」と緊張した様子を見せた。

『サイコだけど大丈夫』を復帰作に選んだ理由については、こう語っている。

「まずタイトルに目を引かれた。そしてムン・ガンテというキャラクターが持っている傷とその傷を通じて多くの方の共感を得たかった。傷が癒されていく過程を一生懸命演じていきたい。キャストを聞いてドラマの成功を感じた。一生懸命頑張る」

(写真=tvN)ソ・イェジ

作品ごとに強烈なインパクトを与えて来た女優ソ・イェジは、人格に問題があるコ・ムニョンに扮する。

ソ・イェジは「共感できないほどの冷たいキャラクターだ。傷が多いかどうかは別として、自己防衛の高い独特なキャラクターになっている」と話した。

演技力とビジュアルを合わせ持つキム・スヒョンとソ・イェジの共演にも期待が集まっている。

ソ・イェジはキム・スヒョンとのコンビネーションについて「一緒にいる時はとても気楽で、演技に入ると集中力がとても高い。『さすがキム・スヒョン』と実感するほど、すごく助けていただいている」と語った。

パク監督は、キム・スヒョンとソ・イェジのキャスティングの理由について「キム・スヒョンを起用するのに理由があれば変じゃないか」と絶賛したあと、「コ・ムニョン役は本当に難しい。複雑なキャラクターだ。でもソ・イェジさんを見て『この人だ』とピンと来た」 と、キャスト陣に対する信頼を示した。

(写真=tvN)左からソ・イェジ、キム・スヒョン

オ・ジョンセは、キム・スヒョンと切ない兄弟愛を描く予定だ。

「キム・スヒョンの兄役で申し訳ない」と冗談を言って場を和ませたオ・ジョンセは「撮影しながら色んな感情がたくさん積もっていった。今は自然に兄だと言えるようになった」と述べている。

『椿の花咲く頃』『ストーブリーグ』でさまざまな役を独自のカラーで演じたオ・ジョンセは、自閉症スペクトラム(ASD)のある人物に挑戦して、さらなる代表作を更新する見通しだ。オ・ジョンセは「最も純粋な大人だと思って演じている」と話す。

パク監督はオ・ジョンセについて「ムン・サンテ(演者オ・ジョンセ)の姿が気の毒だとか、否定的に見えたらどうしようという懸念があったが、サンテを見ていると気持ちよくなってほしかった。そのような演技が出来る俳優は少ない」と満足感を示している。

(写真=tvN)左からキム・スヒョン、オ・ジョンセ

他のロマンスドラマとは違う差別化された面白さについては「さまざまな種類の愛情とエピソードが出てくる。好みに合わせて愛を選べば、これまでの傷が癒されるはずだ」と見どころを伝えた。

キム・スヒョンは最後に、初回の視聴率は15%を期待すると明かした。

新ドラマ『サイコだけど大丈夫』は、韓国tvNにて6月20日から放送スタート。Netflixでも同時配信予定。

(写真=tvN)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集