多国籍ガールズグループSECRET NUMBER正式デビュー。日本人メンバーも!

2020年05月19日 K-POP
このエントリーをはてなブックマークに追加

新人ガールズグループSECRET NUMBERが正式デビューした。

SECRET NUMBERは、『PRODUCE 48』出身のJINNYをはじめ、LEA、SOODAM、DITA、DENISEの5人で結成された多国籍ガールズグループ。韓国をはじめ、アメリカ、インドネシア、日本など、メンバーたちの出身がバラバラになっている。

【注目】“ガールクラッシュ”な女性芸能人が大活躍。芸能界の新潮流

5月19日、ソウル江南(カンナム)区のイルジアートホールで行われたSECRET NUMBERのデビューショーケースで、メンバーたちがデビューへの心境を明かした。

最年少メンバーであるDENISEは「ついにデビューをすることになり緊張もするけど、わくわくしている。とても楽しみだ」と期待を示した。

日本人メンバーのLEAは、流暢な韓国語で「全メンバーの生まれた国が違うガールズグループは私たちが初めてだと思う」とコメント。

K-POPガールズグループとしてデビューする初のインドネシア人となったDITAは、「家族に聞いたところ、インドネシアでも毎日記事が出ていてSNSで応援してくれる方も多いようだ」と伝えた。

グループ名の「SECRET NUMBER」は、意味のある数字で組み合わせる暗証番号のように、大衆にとって特別な存在になりたいという意味が込められている。

SOODAMは「パスワードは誰もが特別な数字を選ぶ。私たちも大衆にとって特別なガールズグループになりたい」と意気込んだ。

デビュー曲『Who Dis?』は、BTS(防弾少年団)の楽曲『Boy With Luv』を作曲したメラニー・フォンタナと、ミシェル・ルグラン・シュルツ、作曲家のシャーク(Shark)が制作に加わっている。

ミュージックビデオは、少女時代、MAMAMOO、(G)-IDLE、OH MY GIRLなど数多くのガールズグループを手掛けたホン・ウォンギ監督がメガホンを取り、韓国オーディション番組『PRODUCE』シリーズでも有名なペ・ユンジョンが振り付けを担当した。

JINNYは、「アーバンヒップホップ調のダンス曲で、SECRET NUMBERだけの個性と魅力を感じられる楽曲。有名なアーティストとコラボしているメラニー・フォンタナさんが作ってくださって光栄だし、感謝している」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事