新型コロナに感染したユナクに韓国防疫当局が厳重警告…「陳述を逃れようとする傾向が」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイズグループ「超新星」出身で、「SUPERNOVA」のユナクに防疫当局から厳重警告が出た。

ユナクとソウル江南(カンナム)風俗店の女性スタッフ2人が相次いで新型コロナウイルスに感染したなかで、彼らが疫学調査で陳述を逃れようとする傾向を示したため、防疫当局が厳重警告を出した。

【注目】ユナク、“風俗店の出入り”について釈明「ちょっと顔を合わせただけ」

感染者が故意に動線などの事実を明かさず、隠蔽した場合、改正された感染症予防法に基づいて、2年以下の懲役または2000万ウォン(約200万円)以下の罰金に処される可能性がある。

韓国中央防疫対策本部クォン・ジュンウク副本部長は4月8日、忠清北道・五松(オソン)疾病管理本部で開かれた定例ブリーフィングで、「該当感染者(ユナクら)が疫学調査の過程で陳述を逃れようとする傾向について報告を受けた」と明かした。

(写真=ユナクInstagram)

そして「新型コロナの疫学調査はすべてのケースが非常に重要であるため、積極的な協力が必要だ。もし嘘をついたり、故意に事実を欠落・隠蔽したりすれば、感染症予防法に基づいて2年以下の懲役または2000万ウォン以下の罰金に処されることがある」と強調した。

調査でユナクは職業を「自営業」と表記

去る3月24日に日本から韓国に帰国し、4月1日に感染判定を受けたユナクは、防疫当局の調査で職業を「自営業」と表記した。

またユナクと接触した後に感染した江南区の感染者Aさんと、彼女のルームメイトBさんも仕事を「フリーランス」と誤魔化し、疫学調査の初期範囲を決めるうえで困難を与えた。

防疫当局は2人の女性が江南の大型風俗店で女性スタッフとして働いてきた事実を確認し、接触者110人余りを調査している。その風俗店は一日の訪問者が数百人に上るとされており、集団感染の疑惑が提起されている。

ソウルのパク・ウォンス市長は同日、新型コロナに関する定例ブリーフィングで、「風俗店勤務者(女性Aさん)との接触者は、従業員、顧客、ルームメイトなど計118人」とし、「全員を自主隔離させ、全数検査を実施しており、すでに検査結果が出た18人は陰性だった」と伝えた。

◇ユナク プロフィール

1982年12月2日生まれ。2007年に超新星としてデビューした。国費留学生として来日した経歴があり、愛知大学現代中国学部を卒業している。韓国だけでなく日本でも積極的に活動し、一躍人気韓流スターに。2018年に所属事務所との契約が満了、グループ名をSUPERNOVAと改めた。俳優としても活動しており、2019年には韓国の地上波SBSで放送されたドラマ『偽りのフィアンセ~運命と怒り~』で高い演技力を見せた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集