チョン・ヘイン主演『半分の半分』打ち切り決定。視聴率低迷で全12話完結に

2020年04月08日 テレビ #韓流ドラマ
このエントリーをはてなブックマークに追加

視聴率で苦戦している韓国tvNドラマ『半分の半分』が、早期の打ち切りを決めた。

俳優チョン・ヘイン、チェ・スビン主演の『半分の半分』は、期待の中で3月23日から放送スタートするも、視聴率が2%前半にとどまり、4月7日に放送された第6話は1.2%まで下落した。

【注目】4月の韓国ドラマは期待作が勢揃い『ザ・キング』『Born Again』など

『半分の半分』側は4月8日、公式立場文を通じて「作品のスピード感を高めるため、短縮編集を決めた。視聴者の期待に応えるための特別処置として、全16話と予定したのを12話にぐっと圧縮し、スピード感を高める」と、明らかにした。

「現在、チェ・スビン(ソウ役)に向けたチョン・ヘイン(ハウォン役)の甘い変化が始まっており、2人のロマンスにスピードが上がる予定だ」という。

最後には「ドラマ愛してくださる視聴者の方々に改めて感謝を申し上げる。期待に応える良い作品を作るために最後までベストを尽くす」と述べた。

キャプション

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事