『ヒョリの民宿』イ・ヒョリ、新型コロナ感染拡大で「今月の家賃はタダ」宣言

2020年03月12日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手イ・ヒョリとイ・サンスン夫婦が、“善良な賃貸人運動”に加わった。

3月11日、韓国メディア『TV Daily』が報じたところによると、イ夫婦は最近、夫婦で所有するビルの入居者たちに「今月の家賃は受け取らない」と伝えた。

イ夫婦は、昨年10月にソウル・漢南洞(ハンナムドン)所在のビルを約50億ウォン(約5億円)で買い取っている。

【注目】元KARAのギュリ、財閥3世の恋人と新型コロナ寄付活動

今回のことは、全国で拡散している新型コロナウイルス19の影響を受け、入居者たちが経営不振に陥ったことを配慮したものとみられる。

韓国芸能界では最近、ビルを所有するスターたちの間で家賃を引き下げたり、免除したりする「善良な賃貸人運動」が広まっている。

イ・ヒョリ、イ・サンスン夫婦の他にも、歌手Rain&キム・テヒ夫婦、俳優ウォンビン&イ・ナヨン夫婦、女優パク・ウンヘ、チョン・ジヒョン、タレントのホン・ソクチョン、ソ・ジャンフンなどが「善良な賃貸人運動」に参加し、話題を集めた。

(写真=イ・ヒョリInstagram)イ・ヒョリ(左)、イ・サンスン

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集