韓国プロバスケの帰化選手、ヘイト書き込みを公開して話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加

男子バスケ韓国代表で韓国プロバスケットボールリーグ(KBL)の全州KCCでプレーするラ・ゴンアが、悪質なメッセージを公開して苦しい心情を吐露した。

ラ・ゴンアは1月14日、自身のSNSに暴言や人種差別的表現などが含まれた悪質メッセージを公開した。 

【関連】「韓国人男性はみな不細工」発言で大炎上したギリシャの女性タレントとは?

「KBLでプレーする他の外国人選手がお前より上手いからお前の国に帰れ」など、ラ・ゴンアを非難するメッセージが主だ。 

ラ・ゴンアは「私は韓国人からこのようなメッセージを毎日のように受ける。大半はただ遮断すれば済むことだが、私はこうした問題を毎日乗り越えなければならない」と苦しい胸の内を吐露した。

(写真提供=KBL)ラ・ゴンア

ラ・ゴンアは2018年、スポーツ分野の優秀な人材に韓国に帰化し、韓国男子バスケットボール代表チームの一員として活躍している。 

韓国への愛情を表わしてきた彼は、帰化する前にもSNSに「黒人だからタクシーを拾うのが難しい」という現実を伝え、共感を得たことがある。

アメリカのミズーリ大学卒業後、2012年にKBLでプロになったラ・ゴンアは現在、KBLで9シーズン目を迎えている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事