“戦力外”の元韓国代表キ・ソンヨンがサポーターにメッセージ「私にとってニューカッスルは…」

2020年01月15日 サッカー #欧州サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

今冬の移籍市場で新天地を探す元韓国代表MFキ・ソンヨン(30、ニューカッスル・ユナイテッド)が、ニューカッスルのサポーターにメッセージを送った。

【関連】「キ・ソンヨン先輩に早く引退してもらいたい」“韓国のピルロ”が語る本音

1月15日(日本時間)、英メディア『シールズ・ガゼッタ』は、サポーターにクラブへの思いと自身の去就を伝えたキ・ソンヨンについて報じた。

キ・ソンヨンは、同日に行われたFAカップ3回戦再試合ロッチデールAFC(英3部)戦のマッチデープログラムに表紙モデルとして登場した。

そんなキ・ソンヨンだが、試合に招集されたメンバー18人からは外れた。

(画像=シールズ・ガゼッタ)マッチデープログラムの表紙を飾ったキ・ソンヨン

1月4日の同カード(1-1で引き分け)では後半8分に日本代表FW武藤嘉紀(27)に代わって途中出場し、3カ月ぶりの公式戦出場を果たしていた。今回の再試合でも出場の可能性が見込まれたが、ベンチ入りすらならなかった。

出場機会が激減しているキ・ソンヨンは、今冬の移籍市場でのニューカッスル退団が有力だ。ニューカッスル率いるスティーブ・ブルース監督も「キ・ソンヨンはニューカッスルを離れる」と明言しており、放出は既定路線とみられる。

マッチデープログラム内で、キ・ソンヨンはサポーターに向けてメッセージを伝えた。彼は「試合に出場できていない状況で、憶測を含むさまざまな話が出るのは当然だ。誰も非難しない。私が良い結果を披露できていないからだろう」と、自身の境遇を述べた。

そして、「ファンやサポーターの前でプレーをしているときは幸せな時間だった。ニューカッスルを離れても誇りに思うだろう。私にとってニューカッスルはビッグクラブだ。熱狂的なファンの前で、私は試合を楽しむことができた」と、感謝の思いを伝えた。

2018年の夏にスウォンジーからニューカッスルへと移籍したキ・ソンヨンは、昨シーズンのリーグ戦で18試合に出場した。今シーズンはリーグ戦出場が3試合、そのうち先発出場は1試合のみにとどまっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事