「キ・ソンヨン先輩に早く引退してもらいたい」韓国代表22歳MFが語った本音

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・インボム(22)は欲張りな選手だ。

彼は意思を確実に伝える。ジャカルタ・アジア大会当時、練習の前後に主将を務めたソン・フンミンが選手たちに発言権を与えると、ほぼ唯一手を挙げて自分の考えを伝えていた。

それだけ考えがはっきりしている。自分の目標が何なのか、達成するにはどうすればいいのかも正確にわかっている。それだけ誠実でもある。

所属する韓国Kリーグの大田(テジョン)シチズンでは、自主トレを最も多くする選手といわれている。欲と誠実さを併せ持つと、どんな効果が生まれるのか。

大田シチズンのクラブハウスでファン・インボムとインタビューを行い、彼が描く未来に耳を傾けてみた。

キ・ソンヨンのパスに「なんだこれは」

ジャカルタ・アジア大会で金メダルを獲得したファン・インボム(右)

ファン・インボムにとって、2018年は幸運な年だった。アジア大会の金メダル獲得によって早期に兵役義務を免除され、Aマッチデビューも果たしてゴールも決めた。

同時に、4人の監督の指導を受けた。警察庁チームである牙山(アサン)ムグンファのパク・ドンヒョク監督とU-23代表のキム・ハクボム監督、大田シチズンのコ・ジョンス監督、そしてA代表のパウロ・ベント監督である。これは珍しい経験だ。

ファン・インボムは言う。

「サッカー人生のなかでもとても貴重な経験になると思う。あのチームこのチームと行き来して4人の監督の指導を受けて、それぞれから学ぶことが多かった。成長に大きく役立つ。

どの監督にも好かれる選手になりたい。本当に良い選手とは、指導者の意思を把握してプレーする選手だろう。最近は、コ・ジョンス監督とフリーキックの練習をしている。僕の弱点を直す良い機会だ。多くの監督と会うと、こんな経験もできる」

キ・ソンヨン

A代表では、尊敬するキ・ソンヨンともプレーした。10月のパナマ戦では一緒にスタメン出場し、呼吸を合わせた。

「部屋も一緒でとてもうれしかった。レベルが違う。試合中なのに、キ・ソンヨン先輩のパスを見ながら感動していた。心の中で、“なんだこれは”と思った。思いもよらないタイミング、速度、ルートでパスがつながるんだ」

それはファン・インボムのモチベーションになる。

「キ・ソンヨン先輩を見ながら、サッカーがもっと上手になりたいと切実に思った。一緒に代表のユニホームを着ているからといって、みんな同じではない。僕もキ・ソンヨン先輩のような選手になりたい」

(関連記事:武藤嘉紀とキ・ソンヨン、ニューカッスルで明暗が分かれた“日韓スター選手”の現実

「キ・ソンヨン先輩に早く引退してほしい」理由

一方、ファン・インボムにとってキ・ソンヨンは“気の毒な”選手でもある。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事