なぜ? “ホット・シックス”イ・ジョンウンがシード権を獲得した米国女子ツアー進出をためらう理由

2018年11月07日 ゴルフ #イ・ジョンウン
このエントリーをはてなブックマークに追加

「すべてが用意されたときに行く!」

米国女子ツアーの「クォリファイング(Q)シリーズ」をトップ通過した“ホット・シックス”ことイ・ジョンウンが、11月6日に韓国に帰国し、米国進出などについて考えを明らかにした。

(関連記事:米国女子ツアーに韓国から新たな刺客、18歳のチョン・ヨンインとは

イ・ジョンウンは同4日までノースカロライナ州のパインハーストリゾートで行われた「Qシリーズ」で、出場選手102人のうち1位となり、来季のフルシード権を手にした。

しかし、イ・ジョンウンは依然として、「まだ米国ツアーに進出するかどうかは決めていない」とし、「いまはほぼ50対50」と慎重な態度を見せた。

(写真提供=Crowning)11月6日に帰国したイ・ジョンウン

以下はイ・ジョンウンとの一問一答。

――Qシリーズをトップ通過した。感想は。

8ラウンドが本当にいつ終わるかと思っていたが、満足できる結果を出して韓国に帰ってこられてうれしい。8ラウンドは初めてだったが、精神的に大変だった。もしも序盤から私がカットラインである45位より下に入っていたらもっと大変だっただろうが、序盤から上位圏に入り、比較的、楽にプレーできた。

――米国進出をずっと悩んでいると話していたが、まだ決められていないのか。

LPGAに進出するためにQシリーズに臨んだのではないし、まだ言葉や家など、いろいろと準備ができていない。すべてが準備されたときに行くのが正しい選択だと思う。

(写真提供=Crowning)帰国したイ・ジョンウンをファンクラブが迎えた

――米国へ行くことを悩む最も大きな要因を挙げるとしたら?

一番は、米国へ行くと、友人や韓国にいる私が好きな人に会えず、ゴルフばかりしなければならないことだ。私がまだゴルフを楽しむことができないのに、そんな状況で米国へ行って耐えられるだろうかとためらっている。家族と離れて一人で過ごす準備もできていなければならない。たぶん、両親が一緒に行くのは難しいだろう。

――そういった環境的な部分を別にして、純粋に個人的に判断するとしたらどうか。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事