渋野日向子ら“黄金世代”と同世代が韓国ではトップに。「6冠女王」チェ・ヘジンとは?

2019年12月01日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子ゴルフの賞金女王争いが最後の最後まで大混戦となった。

大王製紙エリエール・レディスで渋野日向子が大逆転優勝したことで、賞金女王レースは再び鈴木愛、申ジエ、渋野の三つ巴の状態に。今週末に行われる最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで決まることになる。

鈴木愛の2年ぶりの賞金女王戴冠か、史上初の韓国・アメリカ・日本での賞金女王を狙う申ジエか、今季の注目を一身に集める“黄金世代”の渋野日向子の大逆転か。

特に今季、注目を一身に集める“黄金世代”の渋野が賞金女王になった場合、史上初となるルーキーでの最年少女王となるだけに盛り上がる一方だろうが、韓国では一足早く2019年シーズンが終わり、渋野ら“黄金世代”と同世代の選手が頂点に立っている。

チェ・ヘジンがその人だ。

【写真】“黄金世代”よりも若い!! 韓国で話題の“ミレニアム世代”の神セブンを一挙公開

韓国では11月19日にシーズンを締めくくる「2019韓国女子プロゴルフ(KLPGA)大賞」授賞式が行われたが、そこでチェ・ヘジンは年間MVPに相当する大賞をはじめ、最多勝(5勝)、平均ストローク賞(70.47打)、人気賞、ゴルフ担当記者が選定するベストプレーヤートロフィー、そして賞金女王と、新人王を除く個人タイトルのすべてを独占。6冠に輝いた。

日本では1998~1999年生まれを“黄金世代”としているが、それに照らし合わせれば、1999年生まれのチェ・ヘジンも“黄金世代”だろう。

(写真提供=KLPGA)チェ・ヘジン

しかも韓国では今季、チェ・ヘジンよりもさらに若い2000年生まれの選手が頭角を現した。

新人王に選ばれたチョ・アヨン、ルーキーながら優勝してKLPGAウィナースクラブ入りしたイ・スンヨン、イム・ヒジョンなどだ。韓国では彼女たちのことを“ミレニアム世代”と呼ぶが、韓国でも日本の“黄金世代”に負けず劣らず若手が台頭した1年だった。

韓国の若き6冠女王、来季の主戦場は?

もっとも、この流れは今季に限ったことではない。チェ・ヘジンの場合、4年前から有名だった。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事