女子ゴルフ“黄金世代”よりも若い!! 韓国で話題の“ミレニアム世代”の神セブンを一挙公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本女子プロゴルフ界は今、“黄金世代”で盛り上がっている。

今季はすでに河本結、勝みなみ、原英莉花、小祝さくら、浅井咲希などが優勝しており、最近は渋野日向子が大ブレイク中だ。

彼女たちはいずれも1998~1999年生まれだが、実は韓国でも若手が頭角を現している。

その代表格が1999年生まれのチェ・ヘジンだろう。

2017年6月に高校生アマながらKLPGAツアー初優勝を遂げ、翌7月には全米女子オープンで準優勝。2017年8月にプロ転向すると、2018年には2勝を挙げて新人王と大賞(年間MVP)にも輝いた。

【写真】イ・ボミも選ばれた「美女ゴルファー」の証!! KLPGA広報モデル大公開!!

今季は人気と実力を兼ね備えたスター選手の証であるKLPGA広報大使を務めることはもちろんのこと、KLPGAメジャー大会である『クリスF&C 第41回KLPGAチャンピオンシップ』も含めてすでに4勝を挙げており、文字通り、韓国女子ツアーの“顔”となっている。

(写真提供=KLPGA)チェ・ヘジン

“ミレニアム世代”の台頭する韓国女子プロゴルフ

特筆すべきは、韓国ではこのチェ・ヘジンよりもさらに若い世代が台頭していることだろう。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事