ソン・フンミンやファン・ヒチャンが活躍するなかで…今季危機を迎えた“韓国の欧州組”

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州の舞台でソン・フンミン(27・トッテナム)、ファン・ヒチャン(23・ザルツブルク)、イ・ガンイン(18・バレンシア)が活躍を見せている2019-2020シーズンだが、“寒い秋”に耐える韓国欧州組がいる。

まずキ・ソンヨン(30・ニューカッスル)だ。

【写真】サッカー韓国代表の“美女パートナー”を一挙紹介

所属チームの直近の試合だった10月20日のチェルシー戦でも、ピッチを踏むことはなかった。2試合連続欠場の上に、交代リストにも名前がなかった。

ニューカッスルユース出身の“ロングスタッフ兄弟”、シーン・ロングスタッフ(21)とマシュー・ロングスタッフ(19)が頭角を現しながら、中盤のレギュラー争いから完全に押されたためだ。

イングランド・プレミアリーグで187試合に出場するなど、経験では“ベテラン”キ・ソンヨンが上回るが、スティーヴ・ブルース監督は若い選手たちの運動量と成長に注目している。

チームが第9節まで消化した現在、キ・ソンヨンが出場した試合は3試合のみで、それも先発出場したのは1度だけだ。事実上、戦力外に分類されたと見ざるを得ない。アジア人初のプレミア200試合出場を達成することができるかどうかも、未知数となった。

キ・ソンヨン

“韓国のメッシ”と呼ばれたイ・スンウ(21・シント=トロイデン)も、ベルギーデビューを果たせていない。

8月に出場機会を求めてイタリアのヴェローナを去り、シント=トロイデンも120万ユーロ(約1億4500万円)の大金をはたいた。チームのエースを象徴する背番号10番になるなど、序盤の雰囲気は良かった。

しかし、ビザの行政処理の問題で先送りとなっていたデビューが、ベルギーリーグ第11節が行われた現在も続いている。マーク・ブレイス監督が信頼を置いていないように見える状況で、“職業倫理”に関連した雑音が出続けている。

去る10月11日の練習試合中には、チームメイトに過酷なバックタックルを加えて非難に上がり、ベルギーメディアが「イ・スンウの構想にベルギーがあったのかが疑われる。選手団内部では、献身が足りないという話が出ている。バルセロナで10代を過ごした選手でも成功を保証することはできない。スターだった過去に溺れず、今後はシント=トロイデンの選手として接近することを願う」と、批判の声を上げた。

(写真=The PLAYER公式Twitter)イ・スンウ

ドイツのフライブルクで同じ釜の飯を食べているクォン・チャンフン(25)とチョン・ウヨン(20)も、出場機会を得ていない。

ドイツ・ブンデスリーガでも小さなクラブといえるフライブルクは、クォン・チャンフンに270万ユーロ(約3億2500万円)、チョン・ウヨンに450万ユーロ(約5億4200万円)という少なくない“身代金”をもたらした。

シーズン初め、彼らを悩ませた負傷からも回復した。10月にはクォン・チャンフンが韓国A代表に、チョン・ウヨンは五輪代表に合流し、ゴールまで記録するなど競技力にも問題がない。

(写真提供=韓国サッカー協会)チョン・ウヨン

しかしクリスチャン・シュトライヒ監督は、シーズンを順調に過ごしている既存メンバーに手をつけていない。クォン・チャンフンは2試合だけを消化し、チョン・ウヨンはまだデビューを行えていない状況だ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集