女子バレーW杯、韓国が世界ランク1位のセルビアを下す!! 4勝4敗の五分に

このエントリーをはてなブックマークに追加

女子バレーボール韓国代表が世界ランキング1位(2019年1月1日時点)のセルビアを下した。

ステファーノ・ラバリニ監督率いる韓国代表は9月24日、日本の富山総合体育館で行われた2019国際バレーボール連盟(FIVB)ワールドカップ第8戦で、セルビアをセットスコア3-1(25-21、25-18、15-25、25-23)で下した。

【写真】「あの美人は誰?」韓国美女バレー選手ベスト6

この日の勝利で韓国は、ワールドカップの成績を4勝4敗とした。

セルビアは同試合、ベストメンバーを投入せずに2軍級の選手を起用した。韓国はキム・ヒジン(21得点)、キム・ヨンギョン(19得点)、イ・ジェヨン(15得点)が計55点を記録しながら、勝利を導いた。

第1~2セットをキム・ヒジンの活躍で連取した韓国は、第3セット序盤からセルビアにリードを奪われ、主導権を譲った。結局、第3セット中盤には点差が6点以上も離れ、セルビアの反撃を許した。

勝負の第4セットでは、シーソーゲームが続いた。第4セット終盤、韓国はエースのキム・ヨンギョンを前面に立ててリードを奪い、2点差の勝利で試合を制した。

(写真提供=FIVB)女子バレー韓国代表

韓国は去る7月、東京五輪大陸間予選を控えて、セルビアで1週間の合宿を行った。当時、韓国はセルビア代表と練習試合を行いながら、競争力を引き上げた。

たとえセルビアがベストメンバーではなかったとしても、今回の対戦で世界ランキング1位を下したことで、韓国は自信を得るきっかけになったと思われる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集