【韓国の視点】コロナから“自由”なワールドカップでも、警戒心を緩めない韓国代表

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルス感染症から“自由”なワールドカップとはいえ、韓国代表は警戒を緩めていない。

【注目】豚肉好きの韓国…「豚肉NG」W杯でどうする?

ワールドカップが開催されるカタールの首都ドーハは、新型コロナと関係のない都市のようだ。

11月13日、韓国で仁川(インチョン)国際空港から飛行機に乗るまでは、目に見えるすべての人がマスクを着用していた。しかし、翌14日にドーハのハマド国際空港に到着すると、その風景が180度変わった。

むしろマスクを着用した人を見つけるのが難しいほど、コロナ禍以前の時代に戻った様子だった。

マスク着用者は“十中八九”東アジア人

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集