プロ選手が正しいSNS活用法やメディア対応を学習、韓国プロバレーのメディアコーチングが終了

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国バレーボール連盟(KOVO)が、8~10月にかけて男女部14球団所属選手208人を対象に実施した2022~2023シーズンメディアコーチング教育が終了した。

【写真】韓国の美女バレー選手6選

メディアコーチング教育は2018年から毎年実施されてきたもので、プロ選手たちが多様なメディアとのインタビュースキルを向上させ、公人として正しいソーシャルメディア(SNS)の利用方法を身に着けるという目的のもとで行われている。

今回の教育は3セッションで構成。第一に「コミュニケーションゲーム」を通じて、良いコミュニケーションとは何かについて学ぶとともに、コミュニケーションを妨げる要素について学習した。

続けて「試合するように疎通せよ」というテーマの「マルセンストレーニング」では、バレーボールの競技規則とコミュニケーションのルールを連係させ、基本的なコミュニケーション方法を習得。最後に状況別のインタビュースキルを実習することで、メディア対応力を向上させられるようカリキュラムを実施した。

選手たちからはポジティブな声

 

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集