元ヤクルトの“常習賭博犯”にいじめ加害者も…「実力主義」が根強く残る韓国プロ野球の“旧体質”

このエントリーをはてなブックマークに追加

“エリート主義”の気質は変わっていなかった。少なくとも韓国プロ野球界ではだ。

【写真】元ヤクルトの韓国人投手、常習賭博容疑で懲役刑

韓国プロ野球では、“実力”優先主義を標榜する基調が依然として変わっていない。学生時代のいじめで懲戒を受けた選手がプロに指名され、韓国野球委員会(KBO)は賭博を日常的に行っていた選手をレジェンドに選定した。

そのいずれも、「実力が優れている」という理由からだった。

9月15日に行われた2023年KBO新人ドラフトで、斗山(トゥサン)ベアーズは高麗(コリョ)大学2年の投手キム・ユソン(20)を指名した。

キム・ユソンは元々、高校時代の2020年にNCダイノスから1次指名を受けていた。しかしその後、中学時代のいじめ加害の前歴が発覚したことで、NCとの契約交渉権を放棄されていた。

結局、プロに進めず大学へと進学したキム・ユソンだが、今年から新設された「アーリードラフト」制度を通じてプロに再挑戦し、今度は斗山から指名を獲得した。

なお、「アーリードラフト」とは4年制大学(3年制の韓国ゴルフ大学も含む)の選手が2年生からドラフト指名を受けられる制度のことだ。

「実力さえあれば選ぶ」韓国プロ野球の“エリート主義”

斗山のキム・テリョンGM(ゼネラルマネージャー)は、キム・ユソンの指名について「悩みが多かった」という。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集