元韓国代表アン・ジョンファンの美人奥様がパニック障害を告白…「救急車で搬送された」近況明かす

2022年08月20日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて清水エスパルスや横浜F・マリノスにも在籍した元サッカー韓国代表FWアン・ジョンファン(46)の妻で、タレント兼事業家のイ・ヘウォンの近況投稿が話題だ。

【写真】アン・ジョンファン美人奥様の“すっぴん美貌”

イ・ヘウォンは8月19日、自身のインスタグラムを更新。

「こんにちは。ここ最近フィードが少なかったでしょう…。少し前にあった“25階エレベーター事件”以降、パニック障害がひどくなって…。床に頭をぶつけて倒れる事故がありました。救急車にも乗って、怖くて恐ろしい時間を過ごして…。最近になって少しずつ日常生活に戻っています」と綴り、2枚の写真を投稿した。

投稿では「カトリック大学校ソウル聖母病院」と書かれた腕輪を着用した腕の写真が見られる。事故に遭ったイ・ヘウォンが病院に向かった際、腕輪を着用したようだ。

(写真=イ・ヘウォンのInstagram)

「体というのは本当に不思議ですね。私は大丈夫だと思っていたのですが、実はそうではありませんでした。そして、それだけ健康がとても大切だということをもう一度感じるきっかけになりました。どれだけ恐ろしかったら家族に手紙を書かなければならないのか、と思ったほどです」と伝えたイ・ヘウォン。

続けて、「一番思い浮かぶのが、周りの方々の存在がありがたく、感謝した瞬間でした。そうです。私たちは後悔せず、今この瞬間感謝の気持ちを感じて分かち合って、まるで明日がないかもしれないように一生懸命楽しく過ごしてみましょう。私たち、そしてお互いを応援してください。大切に愛するだけでも足りない時間ですよね」と自身を慰労した。

そして最後に、「私は精密検査を受けに病院に通わなければならない苦労が少しありますが、それでもこの程度で済んだことを幸いに思い、感謝の気持ちで今日もまたグッドナイトしてみようと思います!何でも成功と失敗、愛と憎しみは私の決心次第ということを!もう一度感じた!少し涼しくなった、秋が来るような初秋の入り口で考えてみる大切な夜です」とし、「#いつも明るくなければならないという圧迫感から出よう」というハッシュタグを付け加えた。

イ・ヘウォンは去る7月20日のSNS投稿で、自身が乗ったホテルのエレベーターが25階で止まったまま閉じ込められる事態に巻き込まれたことを告白。そこでパニック障害があることを明かし、「まだ鳥肌が立っているし、大の大人が涙をいっぱい流しました」と伝えていた。

イ・ヘウォン(左)、アン・ジョンファン(右)

なお、1999年のミス・コリアであるイ・ヘウォンは2001年にアン・ジョンファンと結婚。2004年に娘のリウォン、2008年に息子のリファンと2人の子どもを授かった。リウォンは最近、アメリカの名門ニューヨーク大学に合格したことで話題となった。

アン・ジョンファンが「妻ラブ」全開?イ・ヘウォンのおのろけ投稿が話題

【写真】ボリューミーな“ミルクタンク”!金髪美女DJが強烈キス顔を公開

【写真】まるで『ONE PIECE』の“海賊女帝”と話題の韓国女優、176cmの超絶長美脚

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集