ACLの外国籍枠「5+1」拡大受け…現行「3+1」のKリーグ、外国籍選手制度改正のための公聴会開催へ

2022年08月11日 サッカー #Kリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロサッカー連盟は、Kリーグ外国籍選手制度改正のための公聴会を8月11日に開催することを発表した。

【注目】「1年中サッカーしろと?」“中東優先主義”のACLに韓国も嘆き

ソウル新門路(シンムンロ)の牙山(アサン)政策研究院大講堂で行われる今回の公聴会は、Kリーグの現行の外国籍選手枠「3+1(国籍を問わない外国籍枠3人、アジアサッカー連盟加盟国所属選手1人)」に対する変化の必要性や、変化時に予想される影響などに関する各界専門家の意見を聴取し、代案を模索するために用意された。

これに先立ち、アジアサッカー連盟(AFC)は今年2月、次回のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)から外国籍枠を従来の「3+1」から「5+1(国籍を問わない外国籍枠5人、アジアサッカー連盟加盟国所属選手1人)」に拡大する方針を明らかにしている。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代の外国籍枠でプレーするブラジル人FWレオナルド

今回の公聴会には、韓国プロサッカー連盟のパク・テハ技術委員長、パク・ソンギュン事務局長のほか、FCソウルのユ・ソンハンGM(ゼネラルマネージャー)、全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースのシン・ジョンミン責任マネージャー、韓国サッカー協会(KFA)のファンボ・グァン大会技術本部長、漢陽(ハニャン)大学スポーツ産業学科のイ・ジョンソン教授、『HIDDEN K』のリュ・チョン編集長がパネルとして参加し、Kリーグ解説委員のパク・ムンソン氏が司会を務める。

連盟は今回の公聴会を皮切りに、Kリーグの外国籍選手枠拡大の可否と範囲などに関する多様な意見を収集し、年内に外国籍選手制度の改正案をまとめる方針だ。

(翻訳・編集=ピッチコミュニケーションズ)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集