関東大学サッカーリーグ、筑波大学が主導権を握るも無得点。小井土正亮監督「怖さが足りない」

2022年07月02日 サッカー #玉昌浩
このエントリーをはてなブックマークに追加

7月2日に「JR東日本カップ2022第96回関東大学サッカーリーグ戦」、法政大学と筑波大学による第3節延期試合が行われ、0-0の引き分けに終わった。

「中盤にあの三人がいると落ち着かせられるし、主導権を握れることを改めて確認した」

この日、筑波大学の中盤を構成した山内翔、岩本翔、瀬良俊太について、小井土正亮監督はこのように評価した。

「ただ、怖いプレー、ゴールに迫るプレー、足を振る回数となると難しい。怖さという部分でもう一押し足りない」

筑波大学にとっては前期最後のこの試合、主導権を握りながらも、法政大学のゴールをこじ開けることはできなかった。

「森海渡が抜けて、どうやって勝っていくかという試行錯誤の前期だったが、1年生が戦力となってきているので、収穫の多い前期だった」

特に、「守備のところは前期通して手応えがある」という。この日も最終ラインに1年生を二人起用したが、無失点で試合を終えた。

「若いディフェンスラインだったが、みんな体を張ってくれていた。もちろん前線からの切り替えも早かった。前半はシュート1本打たれた程度だった」と称賛。

「あとは得点。何とかしていきたい」と前を見据えた。

(文=玉 昌浩)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集