プレミア得点王のソン・フンミンに現地で直撃!「童話の住民みたいだ」と呆然の表情【一問一答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

「得点王だなんて…毎日夢を見る童話に住んでいるようだ」

【独占写真】超貴重!ソン・フンミンと内田篤人の2SHOT

アジア人初のプレミアリーグ得点王に輝いた韓国代表FWソン・フンミン(29、トッテナム)は、自身が成し遂げた偉業がまだ信じられないような表情だった。

幼い頃、当時マンチェスター・ユナイテッドで活躍した自国の大先輩パク・チソンを見てプレミアリーグの舞台に立つことを夢見た少年は、プロデビュー12年目にして世界トップクラスのストライカーに名を連ねた。

(写真=現地通信員撮影)

ソン・フンミンは5月23日(日本時間)、英ノリッジのキャロウ・ロードで行われたプレミアリーグ第38節(最終節)のノリッジ戦で後半25分と30分に得点を決め、今季リーグ戦22~23ゴール目を記録した。試合も5-0でトッテナムが大勝し、来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位でフィニッシュした。

これで、同日のウォルヴァーハンプトン戦で1ゴールを決めたエジプト代表FWモハメド・サラー(リバプール)とともに、2021-2022シーズンのプレミアリーグ得点王に選ばれた。

単独得点王とはならなかったが、アジア人で初めてゴールデンブーツを手にした。サラーと違ってペナルティキックでの得点が一つもなく、純粋に流れのなかでの得点だけで23ゴールを記録した“完璧な得点王”だ。

(写真=現地通信員撮影)

試合直後の得点王授賞式で、ゴールデンブーツを両手に掲げながら呆然とした表情を見せていたソン・フンミン。

本紙『スポーツソウル』など韓国取材陣とのインタビューに応じた際には、「たくさんの得点チャンスを逃して(気分が)かなりダウンしていたが、チームメイトが横で支えてくれたし、スタジアムも“必ずできる”とたくさん応援してくれた」と、チームメイトやファンに感謝の言葉を伝えた。

また、「“今日は僕の日ではないのか”と思ったこともあったが、チームメイトが上手くマインドコントロールしてくれた。本当に感謝している」と、重ねてお礼を伝えていた。

(写真=現地通信員撮影)

以下、ソン・フンミンとの一問一答。

―チームの目標である4位(来季CL出場圏内)と、個人でゴールデンブーツ(得点王)まで成し遂げたが。

まずはチームが(来季)チャンピオンズリーグに出場できることになった嬉しい。チームメイトが得点王になれるよう手伝ってくれたおかげで、幸せな時間を過ごせたと思う。

―得点王を成し遂げられた最大のモチベーションは。

実際、今日はたくさんの得点チャンスを逃して(気分が)かなりダウンしていたが、チームメイトが横で支えてくれたし、スタジアムも「必ずできる」とたくさん応援してくれた。自ら自信を持ち、信じてやり遂げようとした。それで、再びチャンスが来たときに得点することができた。

―プロデビュー以降初の得点王だ。最も記憶に残っている瞬間はあるか。

あまりに多くのことが起きた。毎日夢を見る童話のなかに住む人のようだ。何より、幼い頃から夢見てきたプレミアリーグ得点王という、本当に言葉にならないようなことを成し遂げた。これからがもっと重要だ。ここで満足する選手にならず、よりストイックに、来シーズンをもっと頑張れる選手になりたい。

―3シーズンぶりにCLに戻ってくることになったが。

チャンピオンズリーグに戻ることが僕たちの最大の目標だった。仲間とともに本当にたくさん努力した。プレシーズンから選手全員が一丸となり、しっかり準備して、これまでと違ったシーズンを経験できればと思う。チャンピオンズリーグでも「必ずできる」と信じながら、今シーズンよりももっと上手く行くシーズンを作りたい。

【全文】韓国新大統領がソン・フンミンに祝電「アジアすべての人々が祝福」

全米テニス女王、「ソン・フンミンの大ファン」と告白

【写真】ソン・フンミンの元カノは人気アイドル?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集