JLPGA経験者も出場した韓国女子ツアー開幕戦、優勝者は“4年7カ月ぶり”勝利の苦労人チャン・スヨン

2022年04月11日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

チャン・スヨン(27)が2022シーズンの韓国女子ツアー開幕戦で4年7カ月ぶりとなる優勝を果たし、通算4勝目を獲得した。

【写真】大胆肩見せも!韓国女子ゴルファーのドレス姿

去る4月7日から10日までの4日間にかけて、済州道(チェジュド)西浦帰(ソグィポ)市のロッテスカイヒルCCで行われた「ロッテレンタカー女子オープン」で、チャン・スヨンが通算9アンダーの「279」で優勝した。

2016年の同大会(当時の大会名はロッテマート女子オープン)でも優勝していたチャン・スヨンは、大会史上初となる通算2勝目に成功。また、個人としては2017年9月の「ISUグループ第39回KLPGAチャンピオンシップ」以来、4年7カ月ぶりに優勝トロフィーを掲げ、通算4勝目を手にした。

最終ラウンドを首位ナ・ヒウォン(28)と3打差の4位タイでスタートしたチャン・スヨンは、5バーディ・1ボギーの4アンダーという優れたショットを放ち、上位陣を抜き去って逆転優勝を収めた。

特に、前回王者のイ・ソミ(23)とは熾烈な首位争いを繰り広げると、最終18番ホールでバーディに成功し単独首位に浮上。イ・ソミは同ホールをパーで終え、チャン・スヨンは笑顔で優勝の喜びを満喫した。

チャン・スヨンは大会後、「昨日(9日)の18番ホールでイーグルを記録し、良い記憶を持っていたので、淡々とした気持ちで打った。生涯初優勝を果たした場所ということもあり、優勝することができて嬉しい」とし、「(自身の優勝に)少し面食らったが、これまで大変だったことを思い出し、両親のことも頭に浮かんだ」と伝えた。

(写真提供=KLPGA)チャン・スヨン

一方、チャン・スヨンとの優勝争いで敗れたイ・ソミは、18番ホールのセカンドショットをグリーン周辺のラフに落とすと、サードショットでアプローチに失敗し、2連覇に失敗した。グリーンの傾斜を越えることができず、ショットは無念にも転がり落ち、チャン・スヨンに首位の座を譲った。

そのほか、3位タイには7アンダーの「281」でユ・ヘラン(21)とイム・ジンヒ(23)が並んだ。第1~2ラウンドで首位を走ったキム・ヘリム(32)は第3ラウンドの4オーバー、最終ラウンドの2オーバーが響き、最終的に13位タイで終えた。

JLPGA通算28勝で、今季は双子出産、育児の事情で韓国女子ツアーに専念することを決めているアン・ソンジュ(34)は、通算1アンダーの18位タイで大会を終えている。

Copyright @ Pitch Communications Ltd. All rights reserved.

【写真】「セクシークイーン」アン・シネが美ボディあらわ

【写真】ユ・ヒョンジュ、ノースリーブ姿のメリハリボディ

【写真】アン・ソヒョンの“モデル級”パーフェクト・ボディ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集