広島ユース出身FW大堀亮之介、韓国2部・慶南FCに加入!浦和ユース出身の邦本も過去に在籍

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ2(2部)の慶南(キョンナム)FCは3月25日、日本人FW大堀亮之介(21)を獲得したことを発表した。背番号は「44」を着用する。

【動画】浦和ユース出身の“日本人Kリーガー”邦本宜裕が魅せた「華麗ルーレット」

2001年1月10日生まれの大堀はサンフレッチェ広島ユース出身。2018年の高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグでは1シーズンで14ゴールを挙げる活躍を披露した。同年にはU-17日本代表に選出された経験もある。

その後、2019年2月にポルトガル1部プリメイラ・リーガのポルティモネンセへ加入すると、翌2020年はラトビア1部ヴィルスリーガのBFCダウガフピルスに移籍。昨季は中国リーグのSRC広島でプレーしていた。

慶南FCは、多様な経験を備えた大堀の猪突的なプレー、知能的なサッカーセンスを評価しており、大堀がチームの攻撃面で助けになってくれることを期待している。

大堀は加入に際し、「たくさんゴールを決めてチームの勝利に貢献する。ファンの方々には多くの応援をお願いしたい」と意気込みを伝えた。

なお、大堀はクラブとの契約手続きを終え、すでにチーム練習に合流している。

(写真=慶南FC)大堀亮之介

慶南FCにはこれまで、2009年に元日本代表MF戸田和幸(44、引退)、2018~2019年に浦和レッズユース出身のMF邦本宜裕(24、全北現代モータース)といった日本人選手が在籍。

邦本在籍時の2019年にはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場を果たし、アウェーのカシマスタジアムで鹿島アントラーズ相手に邦本の決勝ゴールで勝利したことで話題を呼んだ。

そんな慶南FCは同年に2部へ降格し、今季は2部3年目となるシーズンを戦っている。現時点で開幕5試合を終え、2勝1分2敗の11チーム中暫定6位としている。

今季はすでにMF石田雅俊(26、大田ハナシチズン)、MF磐瀬剛(26、安山グリナース)、MF佐藤優平(31、全南ドラゴンズ)、MF西翼(31、ソウルイーランドFC)、MF丸岡満(26、金浦FC)といった日本人選手がプレーしているKリーグ2。

ここに新たに加わった大堀がどんな活躍を披露してくれるか、今後のプレーに期待したいところだ。

【動画】天野純、左足ボレーの韓国デビュー弾

【動画】元Jリーガーの超絶FKが韓国で話題。相手GK棒立ち、味方も唖然

【動画】元浦和レオナルド、韓国で魅せた絶妙トラップ→右足ボレー弾

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集