川崎とACL同組の蔚山現代がハンガリー出身の25歳FWを獲得!自国リーグ得点3位のストライカー

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国Kリーグ1(1部)の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)は3月23日、ハンガリー人FWマルク・コスタ(25)を獲得したことを発表した。背番号は「99」を着用する。

【動画】蔚山現代の天野純、左足ボレーの韓国デビュー弾がコレ

1996年9月26日生まれのコスタは、自国の名門ブダペスト・ホンヴェードのユース出身で、プロデビュー以降はキシュヴァールダ、メゼーケヴェシュド・ジョーリSE、ウーイペシュトといった国内クラブを渡り歩いた。

その後、2020年夏に加入したザラエゲルセグでは、2021-2022シーズン途中までにリーグ戦25試合11ゴール2アシストの活躍を披露し、得点ランキングで3位に入っていた。また、U-17からU-21までハンガリーの世代別代表をあまねく経験した実績もある。

FWオ・セフン(23)の清水エスパルス移籍により、一時は前線の駒不足に悩まされた蔚山現代だが、今季新たに獲得した元韓国代表FWパク・チュヨン(36)、ブラジル人FWレオナルド(24)にコスタを加えた3選手の補強に成功した。

(写真=蔚山現代)マルク・コスタ

蔚山現代は新加入のコスタについて、「両足でボールを自由自在に扱う技術とチームメイトとの連携が優れた選手だ」とし、「天野純やイ・チョンヨン、イ・ギュソンといった国内トップレベルの中盤と流麗なコンビネーションを発揮してくれるはずだ」と期待を寄せた。

コスタは「今シーズンの蔚山現代の試合はすべてチェックした。これから素晴らしいチームメイトとともにする時間が楽しみだ。ファンやチームメイトの期待に応え、蔚山現代にとって欠かせない選手になりたい」と意気込みを伝えた。

なお、蔚山現代は来る4月15日から5月1日まで行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージで、川崎フロンターレ(日本)、広州FC(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と同じグループIを戦う。

【動画】思わず味方も唖然…元Jリーガーの超絶フリーキック

【動画】韓国王者・全北現代の“日本人Kリーガー”が魅せた「華麗ルーレット」

【動画】韓国全土に衝撃!日本人Kリーガーが決めた圧巻ハットトリック

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集