久保建英のレアル移籍に韓国メディアも注目!! 「イ・ガンインとライバル関係」

2019年06月14日 サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本サッカーが誇る有望株、久保建英がスペインの名門レアル・マドリードに入団すると見られる。

日本の『日刊スポーツ』は6月14日、「日本代表MF久保建英がFC東京から世界一の名門クラブ、レアル・マドリードに移籍することがわかった」と報じた。

久保は6月15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019に参加する日本代表に選ばれており、去る6月9日に行われたエルサルバドルとの親善試合でAマッチデビューを果たした。

久保はFCバルセロナのユースでプレーしたが、国際サッカー連盟(FIFA)ユース移籍禁止規定に違反したことが明らかになり、自国に戻っていた。2016年にFC東京と契約し、3部リーグでプレーする2軍を経て、2年前から1軍に姿を現した。昨年下半期には、横浜Fマリノスに期限付きで移籍した。

レアルは久保がすでにスペインで少年時代を送り、適応するための期間が必要ないこと、満18歳で日本代表に選ばれるほど将来性があることなどを考慮して、迎え入れを指名したと見られる。

現在ポーランドで開催されているU-20ワールドカップで、抜群のパフォーマンスを見せている韓国イ・ガンインと同じ2001年生まれであるため、両者のライバル関係がますます興味深く展開することになる。

【関連】イ・ガンインの原点はバラエティ番組の“弱小クラブ”?

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事