サッカー韓国代表、イラン戦のミッション…8年間の“無得点ジンクス”を破れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

目標ははっきりしている。イランを相手に勝利を収めることだ。勝つためには過去8年間、閉じたままのゴールを先に開く必要がある。

パウロ・ベント監督率いるサッカー韓国代表は6月11日午後8時、ソウルワールドカップ競技場でイランと親善試合を行う。イラン(21位)は、アジアサッカー連盟(AFC)加盟国で、FIFAランキングが最も高い。イランは通算対戦成績で韓国を上回る、AFC加盟国の数少ない国のひとつだ。

韓国は、2011年アジアカップ準々決勝で延長前半にユン・ビッカラムが得点して以降、イランを相手に5試合連続で無得点となっている。時間でいえば、465分間だ。得点していないため、当然ながら最近5試合の対戦成績は、韓国の1分4敗というみすぼらしいものとなっている。韓国が特定のチームを相手にこれほど長期間、得点できないのは珍しいことだ。

イランは最近、大きな変化を迎えた。過去8年間チームを率いたポルトガル出身のカルロス・ケイロス監督が、去る1月のアジアカップを最後に代表監督を退いた。後任には、ベルギー出身のマルク・ヴィルモッツ監督が就いた。ヴィルモッツ監督はデビュー戦となった6月7日のシリアとの親善試合で、5-0の大勝を収めながら良いスタートを切った。

韓国のベント監督は、イランの監督交代が戦力やチームカラーに大きな影響を与えないだろうと予想した。

ベント監督は6月10日、坡州NFCで開かれた公式記者会見で「イランはアジアカップを最後に、長期間チームを導いた監督が交代した。新しい司令塔になって1試合だけ行った。完全に相手を分析するのは難しい」と話した。そして「イランは私たちとの対戦で、戦術やフォーメーションに変化を与えることができる状況だ。だが基本的には、イランが持っているスタイルや良さはそのまま維持されるようだ」と予想した。

ベント監督とサッカー韓国代表選手たち

韓国にとってもベント監督体制で、イランと対戦するのは今回が初めてだ。2020年カタールW杯予選を控えて開かれる今回の親善試合は、両チームの自尊心をかけた対決になると思われる。韓国とイランは、ワールドカップ最終予選で出場権をめぐって争う可能性が高いため、親善試合といっても気力の戦いで押されてはならない。

韓国はソン・フンミン(トッテナム)を中心に、イラン戦の“無得点ジンクス”を破る。オーストラリア戦で得点したファン・ウィジョ(ガンバ大阪)をはじめ、イ・ジョンヒョプ(釜山)、ファン・ヒチャン(ハンブルガー)、イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール)らがゴールを狙っている。

【関連】ベント韓国も森保ジャパンと同様に3バックを採用するも「2%足りなかった変化」

韓国選手たちも、今回こそイランとの“悪縁”を断ち切るべきと意志が強い。親善試合が行われるソウルワールドカップ競技場は、6万人以上の収容人数を誇る。満員の観客が予想されるだけに、熱狂的なファンの応援を背にイランを撃破することができる良い機会だ。

DFイ・ヨンは「イランに勝ったのはずいぶん前だ。イランはアジアの強いチームであり、プレッシャーが速いチームだ。より精密なパスで崩せば、勝算があるのではないかと思う」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事