トップが“たった1年”で辞任した韓国プロ野球…「失敗が繰り返される可能性」が濃厚な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

総裁の突然の辞任劇に韓国野球委員会(KBO)は大騒ぎだ。2月8日午前、KBOはそれこそ“火の付いたホットク屋”になった。

【関連】ファンよりも利益を選んだ韓国野球界の現実

去る1月25日に行われた2022年初の理事会(社長会議)でも、今月4日に技術委員会を構成、7日にネクストレベルトレーニングキャンプ2次トレーニングが始まった際も、チョン・ジテク総裁は2022年も引き続きKBOのトップとして職責をまっとうするものとみられていた。

ところが、チョン総裁は8日に辞任を発表した。同日にはチョン総裁の辞職全文が発表されたが、たった一日で心境の変化が生まれた理由は明らかにされなかった。

KBO内部や複数球団の関係者は、「健康が急激に悪化したという話は聞いた」「ストレスがひどかった」という話だけを繰り返していた。

官僚出身であると同時に、大企業の副会長を約50年間務めたチョン総裁としては、非常識が常識になり得る野球界の意思決定過程と、人身攻撃性のある非難を耐えられる体力がなかった。実際、チョン総裁はパニック障害の症状を見せ、治療を受けているという。

KBOの内外で提起された「健康上の問題」が、総裁就任484日目にして自ら退いた原因となったようだ。

「改革を主導する人物が総裁に」の訴えも虚しく

チョン総裁の功罪を論じるには、韓国野球界が直面した危機があまりにも深刻だ。

KBOが幼少年育成の旗印として掲げたネクストレベルトレーニングは、KBOが最も切実に推進しなければならない事業だ。チョン総裁も「私の退陣が野球改革の目玉になってほしい」とメッセージを残している。利害関係によって反目と離合集散を繰り返す根深い弊害を正してほしいという意味だ。

そもそも、背中を押されるようにして任された地位だった。チョン総裁はチョン・ウンチャン前総裁が「続投しない」と宣言した日、理事会を通じて次期総裁候補となった。事前協議があった可能性はあるが、チョン・ウンチャン前総裁の任期末に、一部球団を中心に次期総裁をめぐる動きがあったことも事実だ。

前任の総裁が退陣を発表したその日に半ば強制的に候補に挙げられたのだから、出発も不安定になるしかなかった。総裁がまともなリーダーシップを発揮できる土台がなかったという意味だ。

チョン・ジテク総裁

KBOは規約に従って1カ月以内に新たな総裁を据えなければならない。総裁はオーナー会議である総会で議決されるが、実務は取締役会が主導する。早ければ、今月開かれる第2次理事会で新任の総裁に関する議題が上程される可能性が高い。場合によっては、この場で新総裁が決まる可能性もある。

各球団はチョン総裁の辞任に驚きを隠せない様子だが、新型コロナウイルスの感染拡大で赤字運営が続いている時期ということもあり、早く計算機を叩こうとしている。自分の口に合った総裁をトップに据え、いわゆるKBO基金などを崩して球団の損害を補おうとする球団が現れるかもしれない。

チョン総裁が新たに就任した当時、取締役会の一員を務めた代表取締役は斗山(トゥサン)ベアーズのチョン・プン代表取締役(2017年7月就任)、サムスン・ライオンズのウォン・ギチャン代表取締役(2020年4月就任、オーナー代行兼任)のみだ。

チョン・ウンチャン前総裁(2017年11月就任)まで含めれば、チョン・プン代表理事がこの過程をすべて見た。総裁より社長が早く交代するという意味だ。

首都圏球団のとある代表取締役は、「総裁選任過程のプロセスを知らない」とし、「KBOが総裁選任と関連したプロセスを用意するのではないか」と問い返した。

ただ、KBOの主要関係者は「理事会で球団オーナーの意中を反映して候補を迎え入れるのではないか。KBOは総裁選任に関与できない位置だ」と述べた。総合すれば、プロセスに詳しい社長が総裁就任の過程を陣頭指揮する構造だ。

特定球団の影響力が強く作用する可能性があり、水面下の交渉で枠組みを作り、形式的な行為に映る恐れもある。リーグコミッショナーを決める過程としては望ましくない。

甚だしくは、4球団の社長はまだ就任100日も経っていない新人だ。球団の懸案に取り組むのに精一杯なのに、韓国野球界全体を見る余裕があるはずがない。

「野球界改革を主導する人物が総裁にならなければならない」というチョン総裁の最後の願いは、空虚なこだまに終わる可能性が濃厚だ。これでは韓国プロ野球は後退するばかりである。

“無報酬労働”掲げるも“ひいき”疑惑で1年で幕引き…チョン総裁の辞任劇

日本で重用される韓国人指導者たち、“人気急落”の韓国プロ野球界と明暗クッキリ

公正な総裁決定プロセスを…韓国プロ野球委員会の“不透明さ”にファンも辟易

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集