北京五輪メダリストが受け取る韓国の報奨金は?2018平昌よりも倍以上に

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月26日、韓国氷上競技連盟のユン・ホングン会長が、2022年北京五輪のメダリストに対する褒賞金を明らかにした。

【注目】「小1の頃から…」教え子に性的暴行の男性コーチ、衝撃の正体

その額は、金メダル1億ウォン(約1000万円)、銀メダル5000万ウォン(約500万円)、銅メダル3000万ウォン(約300万円)だという。2018年平昌五輪と比較すると、2倍以上となった(金5000万ウォン、銀2000万ウォン、銅1000万ウォン)。

団体戦のメダリスト、代表チームの指導者にも成績に応じて褒賞金が支給される予定だ。ユン会長は、「サポートスタッフと五輪に出場したが、メダルを獲得できなかった選手団などに対しても、所定の激励金を渡す予定」と明らかにしている。

(写真提供=OSEN)個人戦と団体戦に出場するチェ・ミンジョン

五輪金メダリストに性的暴行の韓国人コーチ、その悲惨な末路

韓国金メダリストの相次ぐ墜落…同性へのわいせつ容疑→中国帰化の男子選手が北京五輪出場逃す

韓国ショートトラックの女子エース、北京五輪出場が不可能に。平昌大会での“悪口メール”で資格停止

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集