女子アジアカップは開催国棄権で前代未聞の事態に…韓国代表のアジア制覇は“日韓戦”がカギ

2022年01月26日 サッカー #女子サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、インドで行われている2022アジアサッカー連盟(AFC)女子アジアカップに参加中のサッカー韓国女子代表は、ピッチ外で新型コロナと死闘を繰り広げている。

【写真】まるで女子高生?イ・ミナが制服姿で京都観光

ベトナムとのグループステージC組初戦を控え、1月21日に実施されたPCR検査では、MFパク・イェウン(慶州韓国水力原子力)、チョ・ミジン(高麗大学)、DFキム・ヘリ(仁川現代製鉄レッドエンジェルズ)、GKユン・ヨングル(慶州韓国水力原子力)らが新型コロナに感染し、試合に出場できなかった。さらに、24日のミャンマーとの第2戦前には、MFヨ・ミンジ(慶州韓国水力原子力)に陽性反応が出た。

幸い、初戦不出場だったキム・ヘリ、パク・イェウン、チョ・ミジンらは陰性となり、第2戦で復帰したが、ユン・ヨングルとヨ・ミンジはリストから外された。

コロナで開催国が棄権

(写真提供=韓国サッカー協会)女子サッカー韓国代表

今回の女子アジアカップは、未だ収まらぬコロナ禍で厳しい状況に置かれている。開催国のインドでは、23日の1日あたりの感染者は30万人を超えた。そして、直近1週間の平均感染者数もさほど変わらないため、インドという国全体が新型コロナを統制できていない。

外部との接触を最大限避けているとはいえ、宿舎や練習場、スタジアムを行き来する選手団への影響は免れない。

このため、韓国だけでなく、他の国々もチーム内の感染者が相次いで発生し、正常な大会運営が行えずにいる。ホームのインドはクラスターが発生し、試合に最低限必要な13人にも満たない状況におかれたため、開催国が棄権するという前代未聞の事態が起こった。

大会期間中、選手たちは共同生活を行っているため、今後も追加で感染者が出る可能性も排除できない。代表チームは現地で個人防疫に気を使っているが、選手同士の接触は避けられないので、感染を100%予防するのは不可能に近い。

まだ大会序盤だが、状況がどう変化するのかはまるで見当がつかない。常に薄氷を踏むような状況だ。

GS突破も日韓戦の結果で雲泥の差

(写真提供=韓国サッカー協会)女子サッカー韓国代表

そんななか、韓国は2連勝でベスト8進出を決めたが、来る27日に行われる日本との第3戦が今後を占うカギとなる。日本も韓国と同じく2連勝中だが、得失点差で日本がグループ首位に立っている。

グループステージ1位通過の場合、グループAもしくはBの3位と戦う。反面、2位でベスト8入りした場合、グループBの1位と戦わなければならない。

グループBの1位はオーストラリアが有力だ。オーストラリアはFIFAランキング11位で、北朝鮮(10位)に次ぐ強豪だが、今大会は北朝鮮が不参加のため実質1位だ。パワーと高さが頭一つ抜けており、韓国にとって容易な相手ではない。日本を下して首位突破してこそ頂点が見えてくる。

【動画】“日韓戦”完敗の韓国代表、悲痛な帰国現場

なでしこゆかりの選手も!韓国代表メンバー23人

【写真】サッカー韓国代表選手の“握手拒否”を海外メディアも批判「無視する行動」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集