韓国サッカーの有望株がまた一人バイエルンへ。Kリーグユースの18歳MFが加入間近

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国サッカー界の若きホープが、欧州屈指の強豪バイエルン・ミュンヘンに加入する見通しだ。

【注目】バルセロナ下部組織出身の韓国人FW、23歳で現役引退の理由

ドイツメディア『SPOX』が1月12日までに報じたところによると、バイエルンがMFイ・ヒョンジュ(18)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得するという。

すでにメディカルチェックは通過しており、今シーズンいっぱいは2軍チームでプレーする予定だ。

(写真提供=韓国サッカー協会)イ・ヒョンジュ

2003年2月生まれのイ・ヒョンジュは、Kリーグ1(1部)の古豪・浦項(ポハン)スティーラースのU-18チームである浦項製鉄高校に在籍。身長170cmと体格こそ小さいものの、プレッシャーをものともしないテクニックを持ち味とする2列目の選手だ。

世代別代表経験もあり、2017年にはU-14代表としてU-14日本代表との親善試合に出場して1ゴールを記録。2018年にはU-15代表としてEAFF(東アジアサッカー連盟) U-15ボーイズトーナメントで全5試合に出場し、6ゴールをマークした。

また、2019年にフィンランドで行われたUEFA(欧州サッカー連盟)U-16国際親善大会には、キャプテンとして参加している。

(写真提供=AP/アフロ)バイエルン・ミュンヘン

過去には、韓国代表FWチョン・ウヨン(22、フライブルク)がバイエルンに加入したことがあった。

チョン・ウヨンは2018年、仁川(インチョン)ユナイテッドU-18ユースの大建(テゴン)高校からバイエルンに加入。U-19チーム、2軍でのプレーを経て、同年11月のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージでドイツ代表FWトーマス・ミュラー(32)との途中交代でトップチームデビューを果たした。

なお、チョン・ウヨンは今シーズン、ブンデスリーガで18試合4ゴールと好調ぶりを見せつけている。

【関連】「顔踏まれたのに退場なし?」冨安健洋への“顔面踏み付け”に韓国紙反応

【関連】消えた“韓国のメッシ”イ・スンウがSNSで意味深投稿

【写真】ベッカム以来21年ぶり!ソン・フンミンが英ファッション誌の表紙飾る

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集