全国高校サッカー選手権、佐賀東が山梨学院に「耐え忍んでの勝利」

2021年12月31日 サッカー #玉昌浩
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月31日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて、山梨学院と佐賀東の「第100回全国高校サッカー選手権大会」2回戦が行われた。

試合は前半3分、中山琉稀の左足のゴールで佐賀東が先制。後半38分には、カウンターから最後は溝口貴也が得点。試合は2-0で佐賀東が勝利を収めた。

試合後、佐賀東・蒲原晶昭監督は「80分のほとんど、粘って守備をする時間が多かった。先制点が早くて、気持ちも楽になったこともあったが、耐え忍んでの勝利だった」と試合を総括した。

また、無失点の要因について、「ゴール前の守備は全国大会用で、だいぶトレーニングしてきた。最後はシュートを打たせないというところでは上手くいった。ただ、下がりすぎているところもあったので、どこかで前にプレスに行くというところは、もう少し頑張らないといけない」と説明した。

(写真提供=全国高校サッカー選手権大会オフィシャルサポート)佐賀東
(写真提供=全国高校サッカー選手権大会オフィシャルサポート)山梨学院

(文=玉昌浩)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集