来季J2のいわてグルージャ盛岡が韓国人DFチャン・ヒョンス獲得へ!同名にJ経験者の元代表選手

このエントリーをはてなブックマークに追加

いわてグルージャ盛岡が韓国人DFチャン・ヒョンス(28)を獲得する見通しだ。

【関連】元FC東京チャン・ヒョンスにKリーグ初進出の可能性浮上

韓国メディア『FOOTBALLIST』が12月24日までに報じたところによると、Kリーグ2(2部)の富川(プチョン)FC 1995に所属するチャン・ヒョンスが、盛岡移籍を通じて初の海外挑戦に臨むという。

同メディアは「J2リーグ昇格に成功した盛岡は外国人選手の補強を進めていたなか、チャン・ヒョンスの技量を高く評価し、獲得を進めた。盛岡の豊富な運動量をベースとしたカウンターサッカーにチャン・ヒョンスの長所が合致している」と伝えている。

1993年1月1日生まれのチャン・ヒョンスは右サイドを主戦場とし、U-20韓国代表で5試合、U-23韓国代表で9試合の出場経験がある選手。2015年にKリーグの名門・水原三星(スウォン・サムスン)ブルーウィングスでプロデビューしたあと、2016年の釜山(プサン)アイパークへのレンタル移籍を経て、2019年に富川に完全移籍で加入した。

3バックを敷く富川では主にウィンガーやウィングバックとしてプレー。今季は負傷による離脱もあり、リーグ戦とカップ戦含め17試合1ゴール3アシストにとどまった。Kリーグ通算記録は1部・2部合わせて82試合4ゴール5アシストとしている。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)チャン・ヒョンス

同メディアによると、チャン・ヒョンスは初の海外進出に意欲的な姿勢を見せているという。現在は細部の条件について交渉を進めており、特に問題がなければ盛岡への移籍が決まる予定だ。

なお、チャン・ヒョンスの同名選手にはかつてFC東京で活躍した元韓国代表DFチャン・ヒョンス(30、アル・ヒラル)がいる。ハングルこそ同名だが、漢字名では富川のチャン・ヒョンスが「張鉉洙」、元FC東京のチャン・ヒョンスが「張賢秀」と異なる。ちなみに、2人は同じ小学校の出身で、1学年違いの先輩後輩だったという。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)元FC東京のチャン・ヒョンス

【関連】韓国1部の蔚山現代が横浜F・マリノスの元日本代表MFを獲得?

【関連】チャン・ヒョンスが代表資格を剥奪された「2つの理由」

【関連】キム・ヨングォン退団のガンバ大阪、代役に韓国代表DF獲得へ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集