惜しくも“ノーヒットノーラン”を逃したリュ・ヒョンジン、現地メディアが絶賛

このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ現地のメディアがリュ・ヒョンジン(ロサンゼルス・ドジャース)に賛辞を送った。

5月13日(日本時間)、ドジャー・スタジアムではドジャースとワシントン・ナショナルズの試合が行われた。先発登板したリュ・ヒョンジンは、8イニング116球を投げ、1被安打1四球9奪三振、無失点の快投を見せた。防御率も2.03から1.72に上昇した。

この日のリュ・ヒョンジンは8回1死までノーヒットノーランを記録するピッチングで、チームを勝利に導いた。8回1死にジェラルド・パーラに2塁打を許し、ノーヒットノーランは失敗に終わったが、リュ・ヒョンジンの好投でドジャースは6-0の勝利を収めた。

去る5月8日に行われたアトランタ・ブレーブス戦の完封勝利に続き、再び完璧なピッチングを披露したリュ・ヒョンジンに対して、現地メディアの絶賛が続いている。

【関連】LAドジャースのリュ・ヒョンジンが6年ぶりの完封勝利!!

『ロサンゼルス・タイムズ』は、「リュ・ヒョンジンは、最も低く評価されたエースだった。しかし今は違う」と、彼の活躍に賛辞を送った。

同紙は「シーズン最多116球のうち、79球でストライクに取ったリュ・ヒョンジンは、シーズン成績を5勝1敗、防御率1.72に引き上げた。これにより、ナショナルリーグのサイ・ヤング賞の最有力候補としての地位を確立した」と続けた。

リュ・ヒョンジンは5月8日に行われたブレーブスとの試合に先発登板し、9イニング4被安打6奪三振を記録し、2013年以来、約6年ぶりに完封勝ちを収めた。国内外のファンに大きな感動をもたらした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事