ソン・フンミン、ケインとポジション争いか、トッテナムがベルギー代表の新鋭に興味と英メディア 

2021年11月15日 サッカー #欧州サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表FWソン・フンミン(29)所属のトッテナムが、ベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(20、クラブ・ブルージュ)に興味を寄せていると、英スポーツメディア『90min』が報じた。

デ・ケテラエルは身長192cmの長身FWで、最近はベルギーA代表の一員として活躍し、次世代のエースとして挙げられている。高さを活かしたポストプレーだけでなく、左右のウイング、シャドーストライカーとしても起用可能なマルチアタッカーだ。

【話題】韓国代表FWにリヴァプール、マンCが興味か、今季初挑戦のプレミアで躍動中

今シーズンはベルギー・リーグ14試合で先発出場し、5ゴールを奪っている。トッテナムだけでなく、マンチェスター・シティで関心を見せるという現地報道が出たが、『90min』は「デ・ケテラエルに最も関心を持ったチームはトッテナム」とし、「アントニオ・コンテ新監督体制で、今冬彼の獲得を狙う」と展望した。

(写真=AP/アフロ)チャールズ・デ・ケテラエル

トッテナムが獲得するとなれば、センターフォワード、ウイングとしてソン・フンミンのように起用される見込みだ。しかし現地では、絶えず移籍説が提起されているハリー・ケイン(28)と代替案とも言われている。

“恋愛大国”フランスのメディアが報じた、ソン・フンミン未婚のワケ

イ・ガンインが久保建英とのコンビに期待!「お互いの助けになれる」

元韓国代表パク・チソンが明かすマンU退団の背景とは…

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集