「もう一つの日韓戦」に挑むベトナム代表パク・ハンソ監督の「憎めない“正体”」

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアカップの準々決勝で森保一監督率いる日本代表と対戦することになったベトナム代表。その指揮官が韓国人のパク・ハンソ監督であることから、日本対ベトナムの一戦は韓国でも大きな関心を集めている。

「もうひとつの韓日戦…パク・ハンソ号、日本と8強戦で対決」(テレビ局『SBS』)、「アジアカップ8強戦の初戦は、パク・ハンソの“ひとり韓日戦”」(一般紙『国民日報』)などで、『東亜日報』は「パク・ハンソ指揮する“第二の韓日戦”、痛快に勝利してください」と、韓国のサッカーファンたちの応援メッセージを紹介する記事も出しているほどだ。

そうした韓国国内の関心にパク・ハンソ監督本人も応えており、先日は韓国のニュース番組に電話で生出演。現地でも韓国メディアの取材に応じて、「我々が戦力的に劣ることは知っているが、日本は中央がとても密集している」と秘策を匂わせたりするなど、試合への期待感を盛り上げいる。

もっとも、今でこそ韓国でも脚光を集めるパク・ハンソ監督だが、選手時代は地味だった。実業団の第一銀行サッカー部を経て、1983年にスタートしたKリーグに合わせて誕生したラッキー金星でプレー。Kリーグ・ベストイレブンに選ばれたこともあったが、韓国代表歴は1回のみ。それも1981年3月の日韓定期戦での交代出場だけだった。

初取材は妻同伴取材だった!!

そんな彼が一般からも注目を集めるキッカケとなったのが、2002年ワールドカップ前後だ。韓国代表が招聘したフース・ヒディンク監督を補佐する韓国人首席コーチ(チームには3人の韓国人コーチがいた)を務めたのだ。

引退後に1994年アメリカW杯で韓国代表トレーナー(コーチ陣たちの中でも一番年下がよくした役割)や、水原三星のコーチを務めていたことは知っていたが、異例の人事でもあったのですぐに取材を申し込み、2000年3月にソウル市中心にそびえたつプラザホテルの高級レストランで初めて言葉を交わした。

その席にはヒディンクとともにコーチとして韓国代表に加わったピム・ファーベック(現オマーン代表監督)も同席し、ファ―ベックの要望で妻同伴での会食取材となったのだが、「私は慶尚道(キョンサンド)の田舎者だから、洋食は苦手なんだよ」とテーブルマナーに苦戦しながら、一緒に苦笑いしたことを思い出す。

今でこそ韓国代表の多くの選手や指導者たちは妻やパートナーの存在を公にするが、当時は家族同席の取材は珍しかったので、当惑しているようでもあった。

ヒディンクの右腕も、Kリーグでは…

そんな庶民じみたところもあって、誰からも愛される存在だった。ヒディンクからは韓国人選手とのパイプ役として信頼され、ホン・ミョンボやファン・ソンホンらベテラン選手たちからは本音(チームへのちょっとした愚痴など)も明かせる人情派コーチとして慕われていた。

前へ

1 / 3

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集