ガンバ大阪、“韓国王者”全北現代と痛み分けドロー…写真で見るACLグループH第2節【PHOTO】

このエントリーをはてなブックマークに追加

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でグループHに同居したガンバ大阪と全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースは、6月29日(日本時間)にロコモティフ・スタジアム(ウズベキスタン)で行われた第2節で激突。

【関連】全北現代指揮官「残念だが貴重な勝ち点1得られた」

試合は前半2分のFWスタニスラフ・イリュチェンコ(30)、同17分のMF邦本宣裕(23)の得点で、全北現代が早々に2点のリードを得た。

だが、ガンバ大阪が同27分、31分とFWパトリック(33)の連続ゴールで同点に追いつくと、後半はスコアが動かず2-2のドロー決着に終わった。

2試合終えて1勝1分の両チームはともに勝ち点4で並ぶが、得失点差でガンバ大阪がグループ首位を維持した。

ここでは、痛み分けに終わったガンバ大阪と全北現代の試合の様子を写真で振り返る。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)先制点を決めて喜ぶイリュチェンコ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)イリュチェンコの得点を祝福する全北現代の選手たち
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)全北現代DFホン・ジョンホ
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)全北現代の2点目を挙げたMF邦本宣裕(右)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)バルセロナ下部組織出身の全北現代MFペク・スンホ(中央)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)昌子源とマッチアップしたイリュチェンコ(中央)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)2ゴールの活躍見せたガンバ大阪FWパトリック(中央)
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)全北現代FWグスタヴォ(左)とキム・ヨングォン
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)全北現代MFリュ・ジェムン(中央)

なお、第3節では全北現代が7月1日にタンピネス・ローバース(シンガポール)と、ガンバ大阪が同月2日にチェンライユナイテッド(タイ)と対戦する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集