WEリーグPSM、浦和に「歯が立たなかった」とノジマステラ・北野誠監督

2021年04月29日 サッカー #玉昌浩
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月29日、ノジマステラ神奈川相模原は相模原ギオンスタジアムにて2021WEリーグプレシーズンマッチ、三菱重工浦和レッズレディースとの試合を行った。

試合は前半2分、ノジマステラ神奈川相模原はオウンゴールで失点し、前半34分には菅澤優衣香に決められて0-2で前半を折り返す。

ノジマステラ神奈川相模原は後半から、石田みなみを投入。北野誠監督から「サイドに張って残っていろ」と指示されていたという石田みなみが、後半4分に高い位置からゴール前に走り込み、1点を返す。

しかし、直後の後半6分と22分に塩越柚歩、24分には菅澤優衣香にゴールを奪われ、試合は1-5での敗戦となった。

(写真提供=©Nojima Stella Kanagawa Sagamihara)ノジマステラ神奈川相模原

試合後、ノジマステラ神奈川相模原・北野誠監督は、「あれだけパスがつながらなかったら、難しいゲームになる」とし、「一枚二枚くらい浦和さんのほうが力がある。その中でどれくらいできるかと思っていたが、歯が立たなかったというのが率直な感想」と試合を振り返った。

続けて、「トレーニングでやっていることを、勇気を持ってできなかったというのが一番残念だった」とコメントした。

(文=玉 昌浩)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集