元ソフトバンク投手も登場、斗山ベアーズの新外国人助っ人たちがライブピッチングを披露

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロ野球の斗山(トゥサン)ベアーズが獲得した2人の新外国人投手、元福岡ソフトバンクホークスのアリエル・ミランダ(32)と、米MLBニューヨーク・メッツやシアトル・マリナーズを渡り歩いた元メジャーリーガーのウォーカー・ロケット(27)が、キャンプ地でライブピッチング(実戦形式の打撃練習)を開始した。

2人は3月4日、蔚山文殊(ウルサン・ムンス)野球場で行われたスプリングキャンプで実戦感覚を養った。

サウスポーのアリエル・ミランダは、149キロに達するストレート、チェンジアップ、スライダー、フォークボールを見せ、「初のライブピッチングだったので緊張した。打者を立てて投げたのは久しぶりだ。変化球の感覚を徐々に取り戻すよ」と感想を述べた。

続いてウォーカー・ロケットも、最高球速147キロのツーシームを投げ込んだ。加えてフォーシーム、チェンジアップ、カーブなどを織り交ぜたが、最大の武器とされているシンカーは披露しなかった。

斗山ベアーズの新助っ人投手のアリエル・ミランダ(左)と、ウォーカーロケット(右)

初のピッチングを終えたロケットは「全体的に良かった。今後は球速をさらに増やす」とし、コンディションの引き上げに重点を置くことを予告した。

斗山ベアーズは昨シーズン終了後、先発2本柱だったクリス・フレクセン(現シアトル・マリナーズ)と、ラウル・アルカンタラ(現阪神タイガース)が揃って移籍したため、投手の補強が今オフの重要課題となっていた。

はたしてアリエル・ミランダとウォーカー・ロケットの2人は、前任者を超える活躍を見せることができるのか、シーズン開幕が待ち遠しい。

【話題】元阪神オ・スンファンがチュ・シンスとMLB以来の再戦も「特別に考える必要はない」と語ったワケ

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集