双子姉妹のいじめ問題に揺れたVリーグ女子部、首位交代で順位争いが激化…優勝の行方は予測困難

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう結果を予想するのは難しい。韓国プロバレーのVリーグ女子部で、優勝争いと春バレー(チャンピオンシップ)出場争いが激化している。

去る2月28日にGSカルテックス・ソウルKIXXが興国生命ピンクスパイダーズを下したことで、Vリーグ女子部の順位に変化が生まれた。

勝ち点53、勝利数18でともにならんだGSカルテックスと興国生命は、セット得失点率で順位を分けた。その結果、開幕から首位を守っていた興国生命が2位に陥落。逆にGSカルテックスが首位に浮上した。4ラウンド終了時点で12差だった勝ち点は、5ラウンドを終えて5差に縮まり、今回同点となった。

好調のGSカルテックスか、戦力低下の興国生命か

現時点で最も優勝の可能性が高いのはGSカルテックスだ。

GSカルテックスはメレーター・ルッツやイ・ソヨン、カン・ソヒらアタッカー陣の好調が続いており、直近4連勝と勢いが止まらない。以降は現代建設ヒルステート(3月5日)、IBK企業銀行アルトス(12日)、KGC人参公社(16日)と試合が続くが、今の勢いならば連勝できるだろう。

ただ、現代建設には今シーズンここまで2勝3敗と負け越しているだけに、安心はできない。

GSカルテックス

反面、イ・ジェヨンとイ・ダヨンの離脱後、戦力の低下が深刻な興国生命は巻き返しが必要だ。

最大の難関は、ここまで2敗している韓国道路公社ハイパスとの対戦。6日に控える一戦を乗り切れれば、以降は現代建設、KGC人参公社と下位チームとの対戦のみ行うため、まだ首位奪還も可能だ。現時点で優勝を諦めるのはまだ早い。

興国生命

ポストシーズン出場圏内の3位争いも熾烈だ。現在の3位は勝ち点40のIBK企業銀行だが、4位の韓国道路公社が勝ち点39とすぐ後ろに迫っている。

順位はIBK企業銀行が上ではあるが、IBK企業銀行が残り2試合であるのに対し、韓国道路公社は残り3試合。そのため、韓国道路公社の3位浮上も十分にあり得る。ちなみに、去る2月27日の直接対決では韓国道路公社がセットカウント3-2で勝利していた。

今後の対戦カードを見ても、IBK企業銀行はKGC人参公社と戦った後、最終戦でGSカルテックスと対戦するが、韓国道路公社はKGC人参公社、興国生命、現代建設というスケジュールとなっている。韓国道路公社としては、最も負担になるGSカルテックス戦がないことが有利に働くだろう。

優勝争い、春バレー出場争いのいずれも、今後の行方を注目したいところだ。

【関連】イ・ジェヨンとイ・ダヨンに新たないじめ暴露

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集