昨季アジア王者はJリーグ勢と対戦せず。因縁の再戦も…今季ACLグループステージ組み合わせが決定

2021年01月28日 サッカー #Kリーグ #ACL
このエントリーをはてなブックマークに追加

アジアサッカー連盟(AFC)は1月27日、2021シーズンのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)グループステージの組み合わせを発表した。

【関連】2年連続アジア制覇を狙うKリーグ勢の懸念点は?

抽選の結果、前回大会王者の蔚山現代(ウルサン・ヒョンデ)は、BCパトゥム・ユナイテッド(タイ)、ベトテルFC(ベトナム)らと同じグループFに入った。

パトゥム・ユナイテッドは今シーズンのタイ・リーグ1で唯一無敗の首位、ベトテルFCは昨シーズンのベトナムVリーグ王者と、いずれも国内の強豪クラブではあるが、蔚山現代としては順当に勝ち進みたいところだ。

残る1枠は北京国安(中国)が有力とされる。北京はブリスベン・ロアー(オーストラリア)対カヤFCイロイロ(フィリピン)の勝者とプレーオフを戦う。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)蔚山現代

昨季Kリーグ1王者の全北現代(チョンブク・ヒョンデ)モータースは、ガンバ大阪(日本)、シドニーFC(オーストラリア)、タンピネス・ローバース(シンガポール)と同じグループHに入った。

なかでも、ガンバ大阪とは2006シーズンのグループステージ、2015シーズンの決勝トーナメント準々決勝に次いで、今回が6年ぶり3度目の対戦。直近に戦った2015シーズンの準々決勝では、ガンバ大阪ホームでの第2戦で3-2と逆転で敗れ、準決勝進出を逃しただけに、因縁の再戦となるだろう。

全北現代モータース

2016シーズン以来にACL出場権を獲得した昨季3位の浦項(ポハン)スティーラースは、プレーオフでラーチャブリーFC(タイ)と対戦。勝利すれば、名古屋グランパス(日本)、江蘇蘇寧(中国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が属するグループGに入る。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)浦項スティーラース

2019シーズン以来2度目のACLグループステージ出場を目指す昨季5位の大邱(テグ)FCは、プレーオフでチェンライ・ユナイテッド(タイ)と対戦。勝利した側は、グループIで川崎フロンターレ(日本)、広州恒大(中国)、ユナイテッド・シティ(フィリピン)と戦う。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)大邱FC

東地区のプレーオフは4月14日に行われ、本戦グループステージは4月21日から中立国で行われる。なお、開催国は未定となっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集