【徹底検証】ソン・フンミンの起用法めぐるジレンマと解決法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

イングランド・プレミアリーグのトッテナムに属するソン・フンミンがアジアカップ・ベスト8で終わってしまった結果を忘れさせる大活躍を見せている。 

所属するトッテナムで大活躍しながら「なぜ韓国代表では沈黙してしまうのか」という疑問が再燃しているのも事実だ。 

トッテナムの白いユニホームを着れば、ゴールを次々と成功させるソン・フンミンが、なぜ太極旗がついた赤いユニホームを着ると、頭を下げてしまうのだろうか。 

ソン・フンミンを助けるトッテナムの選手たちのレベルと、韓国代表選手のレベルの差もあることは否定できない。

(参考記事:香川、本田に続いた!! 「今年のサッカー選手100人」に初めて選ばれた韓国人選手は?

(写真提供=韓国サッカー協会)

ただ、両チームではソン・フンミン活用法も異なる。ソン・フンミンが今季プレミアリーグ10ゴール目を決めた2月2日のニューカッスル·戦は、ベント韓国にも参考書になるのではないか。

ゴール近くからツートップへ

ソン・フンミンはニューカッスル戦で後半38分、0-0の均衡を崩す先制ゴールを決めた。 トッテナムが1-0で勝利し、ソン・フンミンのゴールは決勝ゴールになった。

前へ

1 / 4

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事