「元巨人投手と同等」米統計サイトがカージナルス、キム・グァンヒョンの活躍を予測

このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーリーグのセントルイス・カージナルスに所属するキム・グァンヒョンが、来季2~4番手の先発投手として活躍するという評価を受けた。

【話題】阪神入団のアルカンタラが前球団に感謝と別れ

野球専門の米データサイト『ファングラフス』は12月24日(日本時間)、予測システム「ZiPSプロジェクション」の統計資料を通じ、カージナルス所属選手の来シーズン成績を予測した。

同メディアは「来シーズンはキム・グァンヒョンが25試合で先発登板し、9勝8敗、防御率4.05を記録する」と予測した。

続いて元巨人のマイルズ・マイコラスと、今年トミー・ジョン手術を受けたダコタ・ハドソンを、キム・グァンヒョンと同等の成績を残す第2~4番手の先発に挙げた。

(写真提供=AP/アフロ)カージナルスのキム・グァンヒョン投手

キム・グァンヒョンは今シーズン、8試合39イニングを投げ、3勝1セーブ、防御率1.62を記録した。

最近ではカージナルスのマイク・シルト監督が、早くからキム・グァンヒョンを来季の先発陣に含めたと明らかにしただけに、来シーズンの活躍が期待されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集