抱き合ってゴール喜ぶ場面もあったが…ファン・ヒチャンのコロナ発覚で“緊急事態”の韓国代表

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国代表の国際Aマッチ2連戦“後遺症”が憂慮されている。

【注目】ACL臨む韓国勢「結果よりコロナに感染しないことが目標」

今月の代表ウィークでメキシコ代表、カタール代表とオーストリアで対戦した韓国代表は、選手7人及びスタッフ3人の合計10人に新型コロナウイルス感染症の陽性が発覚した。

すでに感染が確認されているクォン・チャンフン(26、フライブルク)、イ・ドンジュン(23、釜山アイパーク)、チョ・ヒョヌ(29、蔚山現代)、ファン・インボム(24、ルビン・カザン)、キム・ムンファン(25、釜山アイパーク)、ナ・サンホ(24、城南FC)に加え、カタール戦後に行われた検査でファン・ヒチャン(24、ライプツィヒ)の陽性も発覚したのだ。

お互いに抱擁する場面もあったが…

最も深刻な点は、ファン・ヒチャンがカタール戦に出場していたという事実だ。

ファン・ヒチャンはカタール戦で先発出場し、後半31分にピッチを退くまで76分間プレーした。

開始16秒で先制点を決めた際には、ソン・フンミン(28、トッテナム)やファン・ウィジョ(28、ボルドー)、イ・ジェソン(28、ホルシュタイン・キール)、ナム・テヒ(29、アル・サッド)らとゴールを祝福。お互いに抱き合いながら喜びを分かち合っていた。

(写真提供=韓国サッカー協会)カタール戦、先制ゴール直後のファン・ヒチャン(背番号11番)

他の選手たちも試合中、身体的に密接に接触していたため、感染の恐れがある。飛沫やスキンシップによる伝播の可能性が濃厚だ。

幸い、他の選手たちは最後の検査で陰性判定を受けているが、新型コロナウイルスの潜伏期間は2週間とされているだけに予断は許されない。同時に、韓国代表選手のみならず、ファン・ヒチャンとボディコンタクトを繰り広げたカタール代表選手の感染の心配もしなければならない。

対応に追われる韓国サッカー協会

韓国サッカー協会(KFA)としては予想だにしなかった結果だろう。というのも、ファン・ヒチャンはカタール戦キックオフ72時間前に実施した検査で陰性判定を受けていたからだ。

国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は、新型コロナ検査で陰性判定を受けた選手が13人以上(ゴールキーパー1人含む)の場合、試合を進行できるという規定を新たに設けた。この規定にのっとり、カタール戦も正常通り開催されていた。

しかし、試合後の検査でファン・ヒチャンに陽性反応が出たのは事実だ。KFAとしては最悪のシナリオが起きてしまったと言って良い。

(写真提供=韓国サッカー協会)

現在、KFAは感染者の事後管理に総力を傾けている。陰性判定を受けた選手たちは11月19日に韓国に入国し、坡州(パジュ)サッカー国家代表トレーニングセンター(NFC)などで2週間の自主隔離期間を過ごす。

一方、陽性判定を受けた選手たちは現在、オーストリアに滞在している。

KFAは「オーストリア政府および大使館を通じ、最大限早く出国許可が下りるよう尽力する一方、陽性判定を受けた選手及びスタッフのための入国手続きも、韓国政府及び関連機関と協議している」と述べた。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集